みなさんこんにちは、アロマライターのayakoです!

気温も上がってきて、夏日のような日もすこしずつ増えてきましたね。

晴れた日は外に出たくなりますよね〜^^

しかし、そうなると気になってくるのが紫外線。

だんだんと日差しが強くなって、ジリジリと肌に熱さを感じる日も多くなってきました。

真夏よりも今頃の時期が一番強いとも言われる紫外線。

本格的な夏がくる前に、今から紫外線対策は欠かせませんね!

今回は紫外線対策や日焼け後の肌のケアにおすすめのアロマやハーブをご紹介します。

紫外線対策・ケアってどんなことするの?


最近は「紫外線アレルギー」といって、急に大量の紫外線を浴びると皮膚に炎症が出てくるアレルギーを発症する方も増えてきているため、美容だけでなく健康のためにも紫外線には注意したいところ。

紫外線を浴びるとシミ・シワが増えるメカニズム

紫外線を浴びることで、人間の皮膚でつくられるメラニン色素が紫外線を吸収・拡散します。

これが肌の黒ずみにつながります。

通常ですと肌のターンオーバーにより皮膚の状態は改善されるのですが、多量の紫外線を吸収すると皮膚の真皮層まで色素沈着が蓄積されてしまいます。

そうなると皮膚のターンオーバーが追いつかなくなり、皮膚細胞がなかなか落ちず表皮にとどまってしまうため結果としてシミとなってしまうのです……!

また、紫外線を浴びることで皮膚の水分量や保湿力も低下して乾燥した状態になるため、日焼けした肌を放っておくとシワの原因にもなります。

以上のメカニズムから紫外線を浴びた肌を放置してしまうと、皮膚の黒ずみ・シミ・シワへと繋がってしまうのです。

日焼け予防には皮膚の代謝を促し、日焼け後のケアには保湿を!

紫外線の強くなるこれからの季節は、皮膚へのダメージを最小限に抑えて、肌のケアを怠らないことが大切になります。

そのためにも「皮膚の代謝をよくする」「皮膚を十分に保湿する」ことがキーワードとなります。

紫外線を浴びても、代謝が良くきちんと肌組織が生まれ変わることで黒ずみやシミを防ぐことにつながりますし、日焼けをして乾燥してしまった肌には、しっかり保湿成分をしみ込ませてケアをすることで皮膚を柔らかくし炎症を抑えます。

日焼け対策グッズなどもたくさん販売されていますが、毎日の肌のお手入れでも紫外線対策ができそうですよね!

今回は皮膚の代謝促進・保湿作用・美白効果などが期待できるアロマ・ハーブをご紹介します。

夏の皮膚ケアにおすすめなアロマ・ハーブのご紹介

紫外線・日焼けケアにおすすめの精油

まず、精油は医療品ではないので、劇的に美白を取り戻したり肌の状態を改善することはできません。

そのため、日頃から予防やケアをコツコツ続けることが健康・美容へと繋がります。

主な取り入れ方としては、キャリアオイルに希釈して肌へ直接塗布するトリートメント法がおすすめです。

日頃から紫外線予防・日焼け後の肌に、入浴後などの保湿ケアで使用すると良いでしょう^^

ちなみに芳香浴で香りを楽しむのもアロマテラピーとしてはもちろん良いのですが、嗅覚から刺激されるのは脳なので、主に自律神経系やホルモンの分泌など脳へ働きかける作用が期待できます。

しかし芳香浴のみで肌への直接的な効果を実感することは難しいでしょう。

トリートメント法は直接肌へ塗布することでダイレクトに皮膚へ働きかけるので、スキンケアの一環としてアロマトリートメントケアを取り入れるのがおすすめですよ!

*精油は濃度が高いため、単品で肌へ塗布するのは禁止です。必ずキャリアオイルに希釈して使うようにしてくださいね。

*精油のキャリアオイルへの希釈濃度は、体に使用する場合2,5%、顔に使用する場合1%です。

(10mlのキャリアオイルに対して、2,5%の場合は精油5滴。1%の場合は精油2滴となります。)

そんな毎日のケアにおすすめな、皮膚に直接働きかけたり、自律神経やホルモンバランスを整える精油をご紹介します。

ラベンダー


エッセンシャルオイル ラベンダー(オーガニック) 10ml 1,512 円(税込)

日焼けは、言ってしまえば皮膚が火傷をしている状態です。

日焼けによる肌のほてりに良い精油と言えばラベンダー。

ラベンダーは世界で初めて薬理作用が発見された精油として、昔から肌への治癒能力がとても高いことが知られているんですよ。

日焼け後に肌へ使用するのに最適な精油です。

オイルなどで希釈するのがちょっと面倒……という方には化粧水としてそのまま使えるラベンダーのフローラルウォーターがおすすめですよ。

 

ゼラニウム


GAIA (ガイア) オーガニックエッセンシャルオイル ゼラニウム 5ml 1,944円(税込)

ローズに似た成分を多くもつゼラニウムには皮脂バランスを調整する成分が含まれており、様々な肌タイプの方におすすめの精油です。

皮膚の軟化や弾力回復が期待でき、毎日のスキンケアに使えます。

また、体内の余分な水分や老廃物を排泄させてむくみ解消効果も期待できるので、代謝をよくする効果も!

*妊娠初期の方は皮膚への使用は避けてください。
 

ペパーミント


カリス エッセンシャルオイル ペパーミント オーガニック オイル 10ml 1,620円(税込)

スッキリとした香りは夏の季節に向けて人気のペパーミント。

体感温度を下げて冷却効果があるので、日焼け後の肌に使用するとかゆみやほてりを和らげます。

刺激が強いので、敏感肌の人は注意しましょう。

少量から他の精油とブレンドして使うのがおすすめです。

*妊娠中・6歳以下の乳児・高血圧の方は、肌への使用は避けてください。
 

イランイラン


エッセンシャルオイル(精油) イランイラン 10ml 【生活の木】 1,750円(税込)

イランイランは主に南国に生息する甘い香りの花。

皮脂の分泌を調整する作用があるので、乾燥肌や皮脂性肌の方どちらの方にもおすすめ。

頭皮や髪のケアにも利用されます。

汗をかいてベタついたり、冷房などで乾燥したり皮膚にダメージの多い夏の時期におすすめです。

香りが強いので、高濃度で使用すると気分が悪くなることも。

敏感肌の方は肌への使用も注意してください。

 

ティートリー


ニールズヤード レメディーズ エッセンシャルオイル ティートリー・オーガニック 5ml 1,512円(税込)

抗菌作用に優れたティートリー。

日焼け後の肌や傷に、希釈して塗布すると治りが早くなると言われています。

むくみ対策に使用されることもあり、代謝促進も期待できます。

スッキリとした香りで、まれに皮膚刺激を感じる方も。

肌の弱い方や敏感肌の方は、少量から使用する・他の精油をブレンドするなど、使用法に注意して取り入れてみてください。

*妊娠初期の方は使用を避けてください。
 

フランキンセンス


フランキンセンス オーガニック 5g  1,728円(税込)

スキンケアに人気のフランキンセンスは、皮膚を柔らかくし保湿効果が期待できます。

皮膚の細胞を活性化させるので、傷ついた肌を回復・再生させます。

日頃からシミやシワの予防でスキンケアに使用するのがおすすめ。

ラベンダーやローズとのブレンドはアンチエイジング効果も期待できます。

樹木からとれる精油なので、森林浴をしているような、深く呼吸をしたくなる香りですよ。
*妊娠初期の方は使用を避けてください。

 

ローズウッド


【フロリハナ/精油】 ローズウッド 100%ピュア 5g 1,374円(税込)

すべての肌タイプの方でも安心して使えるローズウッド。

肌の細胞を活性化してくれます。

肌にハリを取り戻し、乾燥肌に良いと言われています。

バラに似た香りのローズウッドはリラックス効果も期待できるので、一日の終わりに使用するのがおすすめ^^

ローズウッドは名前の通り木部から抽出される精油で、花のローズとは別の種類となりますので、間違えないように注意しましょう。

紫外線で乾燥した肌を保湿するおすすめのキャリアオイル


「暑い季節にオイル?」 と思われるかもしれませんが、やはり保湿にはオイルがおすすめです。

キャリアオイルは暑く乾燥した産地で取れるものが多く、強い紫外線から肌を守るために、昔からその産地の人々によく使用されてきました。

日本の夏は湿気が多くそこまで乾燥してないと思われがちですが、強い紫外線を浴びた肌は乾燥していますし、室内でも冷暖房の普及や空調が強すぎるなどでかなり空気の乾燥した環境になっています。

また、春先の湿度があまり高くない時期も紫外線が強く乾燥しやすいので、早めのケアが必要です。

オイル使用におすすめのタイミングは入浴後です。

お風呂の湿気で柔らかくなっている清潔な肌は、お手入れするのに絶好のコンディションです^^

単品で使用OKなオイル以外は、ブレンドして使うのがおすすめ。

どのキャリアオイルでも精油とブレンドをすることでより肌への相乗効果が期待できます。

上記で紹介した精油をお好みで混ぜてみてくださいね。

ダメージを受けた肌に、特におすすめのキャリアオイルをいくつか紹介しますね。

 

カメリア(椿)オイル


本島椿 純椿油 赤箱大 118ml 1,669円(税込)

日本で昔から髪や頭皮のケアなどによく使われてきたカメリアオイル。

紫外線から肌を守る効果があります。

酸化しにくく肌に優しいので、日に焼けた髪や頭皮の保湿ケアに最適です。

特に髪におすすめのオイルですが、全身に使用することもできます。

 

アボカドオイル


アボカドオイル・精製/50ml 594円(税込)

「森のバター」として食用でも人気のアボカド。

その名の通り豊富な栄養素を含んでいます。

比較的粘度が高く油っぽいので、皮膚に塗布する場合は単品での使用より、他のキャリアオイルにアボカドオイルを20〜30%ほど混ぜると使いやすいです。

スキンケア全般に有効で保湿効果も高いので、肌の日焼けなどにおすすめですよ。

 

ココナッツオイル


オーガニックバージンココナッツオイル 140ml 1,476円(税込)

食用で人気のココナッツオイルですが、スキンケアとしても活躍します。

保湿力が高く紫外線から肌を守る働きがあります。

主成分のラウリン酸は酸化に強く、肌の酸化を防ぐ働きがあるのでアンチエイジングも期待できます。

単体で使用するとまれに皮膚刺激を感じることもあるので、他のキャリアオイルにココナッツオイルを30〜40%程混ぜて使用するのがおすすめ。

 

ヘーゼルナッツオイル


オーガニック キャリアオイル ヘーゼルナッツオイル 100ml  1,976円(税込)

痛んだ肌の回復・再生におすすめのヘーゼルナッツオイル。

比較的皮膚にスーッとなじみやすく、浸透しやすい使い心地で、日焼け止めローション・クリームなどにも良く使用されるオイルです。

保湿力が高く皮膚を健康に保ちます。

スイートアーモンドオイルと成分は似ていますが、ヘーゼルナッツオイルのほうがナッツの香りが強いため、香りが気になる場合は他のオイルとブレンドして使用してみてくださいね。

 

ホホバオイル


メルヴィータ ビオオイル ホホバオイル 50ml [並行輸入品] 2,380円(税込)

砂漠地帯に生息するホホバは、昔からネイティブアメリカンが紫外線対策として使用していたオイル。

スキンケア全般に効果的なホホバオイルは、安全性が高くどの肌質の方にもおすすめ。

皮脂のバランスを調整し肌を保湿するので、日焼けに良いだけでなく、シワやシミを防ぎます。

単品でも使いやすいオイルなので、毎日のスキンケアで使用することで紫外線予防が期待できます。
 

ローズヒップオイル


GAIA (ガイア) キャリアオイル ローズヒップ 20ml 1,404円(税込)

比較的高価なローズヒップオイルは、お肌の再生効果が期待できる美容オイル。

ハーブティーとしてのイメージが強いローズヒップですが、オイルもビタミンCを豊富に含んでおり肌ケアにもとてもおすすめです。

日焼けした肌組織を再生し、ビタミンCによる肌を健やかにする働きがあります。

開封後は酸化しやすいため、少量を早めに使い切るようにしましょう。独特の香りがあるので、気になる場合は他のオイルに30%程混ぜて使うのがおすすめですよ。

紫外線対策・美白におすすめのハーブ

ハーブは、ハーブティーとして飲用するほか、皮膚の炎症を抑えるために塗布するなどの使い方があります。

ここでは主に、皮膚の再生を促したり、美白効果が期待できるなど身体の中から肌のケアを助けるおすすめハーブをご紹介します。
 

マルベリー


生活の木 有機ハーブ マルベリー 100g 1,450円(税込)

栄養豊富なマルベリーですが、皮膚への代謝促進の働きももつハーブです。

日本では桑茶として昔から親しまれてきました。

鉄分・カルシウム・亜鉛などのミネラルを豊富に含むので、化粧水やパックとしての利用もおすすめです。

ほかも腸内環境を整える働きもあるので、ハーブティーとしては食前に飲むのがおすすめですよ。
 

ローズヒップ


ローズヒップティー ファインカット オーガニック 100g  1,000円(税込)

レモンの約20倍のビタミンCを含むローズヒップは美容のハーブとして有名ですね。

美肌効果があるとされています。

抗酸化作用によりアンチエイジングにも有効で、皮膚や粘膜を修復する働きもあります。

ビタミンが豊富なので、夏バテ時や風邪をひいた時の栄養補給としてもおすすめです。

ローズヒップはハチミツとあわせたり、ヨーグルトなどに加えたり、フルーティーなスイーツとしても楽しめますよ^^
 

ジャーマンカモミール


森のこかげ オーガニック カモミールジャーマンティー 40g ジャーマンカモマイル 594円(税込)

リラックス作用で万能ハーブのジャーマンカモミール。

皮膚へも効果的に作用し美肌効果が期待できます。

紫外線を浴びた肌の炎症を抑えて肌の再生を助けます。

心身ともに働きかけるハーブなので、ストレス性の肌荒れなどにも使用できます。

最近では、市販の化粧品・スキンケア製品にも「カミツレエキス」というジャーマンカモミールの成分が含まれるものも増えてきました。
 

ハトムギ


森のこかげ ハトムギ茶 4g×70p はとむぎ茶 100% 1,334円(税込)

中国や日本で古くから飲まれているハトムギ。

日本ではいぼやたこに効果があると言われています。

ビタミン・ミネラルが豊富に含まれていて、肌を回復・再生させる働き美肌効果が期待できます。

*イネ科アレルギーの方、妊娠中の方は避けてください。

 

ヒース

生活の木 有機ハーブヒース100g 2,052円(税込)

メラニンの生成を抑制するアルブチンという成分を含んでおり、色素沈着の改善が期待できます。

「飲む美容液」とも呼ばれるヒースは、市販の美白化粧品にも成分が使用されていることも多く、皮膚のくすみを取り除き明るさを取り戻します。

 

ルイボス


オーガニックルイボスティー 2g×100個入り 有機栽培 有機JAS認定 ノンカフェイン  999円(税込)

南アフリカが原産地のルイボスは、古くから健康を保つためハーブティーとして飲まれています。

抗酸化作用があるので、日焼けした肌の代謝を良くすることで皮膚の再生を促し、老化防止が期待できます。

皮膚だけではなく、身体の中の代謝も良くなるので、美容と健康のためにもおすすめです。
 

これからの暑い時期、アイスのハーブティーも◎

ティーバッグで販売されているハーブは、そのまま容器に入れて水だしでも作れるものが多いですが、ドライハーブを使用する時は、ホットで淹れるときよりもアイスの方が少し多めの分量で作るのがおすすめです。

ハーブを入れたポットなどの容器に、常温の水を注いで4〜6時間かけて抽出します。

その間常温もしくは冷蔵庫に入れて保管します。

夏に自宅で作る水だし麦茶のようなイメージです!

すぐに飲みたい場合は、熱湯でホットのハーブティーを濃いめに入れて、氷を入れたコップに注いでよく混ぜるとアイスハーブティーを楽しむことが出来ます。

この作り方の場合は抽出時間は5〜10分ほどで、いつもより長めに蒸らすと味がしっかり出てきますよ。

またアイスに向かないハーブは、実や茎や皮などのホットでも抽出に少し時間のかかる硬い部位のハーブ。

なるべく葉や花などのハーブで試してみることをおすすめします。

お好みでオレンジやレモンなどのフルーツやフレッシュミントなどを添えてもいいですね♪ フレッシュジュースと割っても、かなり飲みやすくなります。

ぜひオリジナルのハーブティーを楽しんでみてください^^

 
 

いかがでしたでしょうか?

アロマ・ハーブの観点から紫外線対策ができるものをまとめてみました。

肌の再生を促したり、ビタミンやミネラルなど皮膚組織を新しくつくるのに必要な成分を補ったり、身体の中からも色々とUVケアができそうですよね^^

植物が紫外線から身を守るために生成された成分、ぜひ取り入れてみてください。

本格的な夏が始まる前に、今から紫外線対策始めてみましょう♪

 

Follow me!!

最新の情報をフォローする

Twitter でmottohbをフォローしよう!

https://motto-woman.com/wp/wp-content/uploads/iStock-543562666-1024x683.jpghttps://motto-woman.com/wp/wp-content/uploads/iStock-543562666-150x150.jpgayakoアロマテラピー注目の記事アロマテラピー,日焼け対策みなさんこんにちは、アロマライターのayakoです! 気温も上がってきて、夏日のような日もすこしずつ増えてきましたね。 晴れた日は外に出たくなりますよね〜^^ しかし、そうなると気になってくるのが紫外線。 だんだんと日差しが強くなって、ジリジリと肌に熱さを感じる日も多くなってきました。 真夏よりも今頃の時期が一番強いとも言われる紫外線。 本格的な夏がくる前に、今から紫外線対策は欠かせませんね! 今回は紫外線対策や日焼け後の肌のケアにおすすめのアロマやハーブをご紹介します。 紫外線対策・ケアってどんなことするの? 最近は「紫外線アレルギー」といって、急に大量の紫外線を浴びると皮膚に炎症が出てくるアレルギーを発症する方も増えてきているため、美容だけでなく健康のためにも紫外線には注意したいところ。 紫外線を浴びるとシミ・シワが増えるメカニズム 紫外線を浴びることで、人間の皮膚でつくられるメラニン色素が紫外線を吸収・拡散します。 これが肌の黒ずみにつながります。 通常ですと肌のターンオーバーにより皮膚の状態は改善されるのですが、多量の紫外線を吸収すると皮膚の真皮層まで色素沈着が蓄積されてしまいます。 そうなると皮膚のターンオーバーが追いつかなくなり、皮膚細胞がなかなか落ちず表皮にとどまってしまうため結果としてシミとなってしまうのです……! また、紫外線を浴びることで皮膚の水分量や保湿力も低下して乾燥した状態になるため、日焼けした肌を放っておくとシワの原因にもなります。 以上のメカニズムから紫外線を浴びた肌を放置してしまうと、皮膚の黒ずみ・シミ・シワへと繋がってしまうのです。 日焼け予防には皮膚の代謝を促し、日焼け後のケアには保湿を! 紫外線の強くなるこれからの季節は、皮膚へのダメージを最小限に抑えて、肌のケアを怠らないことが大切になります。 そのためにも「皮膚の代謝をよくする」「皮膚を十分に保湿する」ことがキーワードとなります。 紫外線を浴びても、代謝が良くきちんと肌組織が生まれ変わることで黒ずみやシミを防ぐことにつながりますし、日焼けをして乾燥してしまった肌には、しっかり保湿成分をしみ込ませてケアをすることで皮膚を柔らかくし炎症を抑えます。 日焼け対策グッズなどもたくさん販売されていますが、毎日の肌のお手入れでも紫外線対策ができそうですよね! 今回は皮膚の代謝促進・保湿作用・美白効果などが期待できるアロマ・ハーブをご紹介します。 夏の皮膚ケアにおすすめなアロマ・ハーブのご紹介 紫外線・日焼けケアにおすすめの精油 まず、精油は医療品ではないので、劇的に美白を取り戻したり肌の状態を改善することはできません。 そのため、日頃から予防やケアをコツコツ続けることが健康・美容へと繋がります。 主な取り入れ方としては、キャリアオイルに希釈して肌へ直接塗布するトリートメント法がおすすめです。 日頃から紫外線予防・日焼け後の肌に、入浴後などの保湿ケアで使用すると良いでしょう^^ ちなみに芳香浴で香りを楽しむのもアロマテラピーとしてはもちろん良いのですが、嗅覚から刺激されるのは脳なので、主に自律神経系やホルモンの分泌など脳へ働きかける作用が期待できます。 しかし芳香浴のみで肌への直接的な効果を実感することは難しいでしょう。 トリートメント法は直接肌へ塗布することでダイレクトに皮膚へ働きかけるので、スキンケアの一環としてアロマトリートメントケアを取り入れるのがおすすめですよ! *精油は濃度が高いため、単品で肌へ塗布するのは禁止です。必ずキャリアオイルに希釈して使うようにしてくださいね。 *精油のキャリアオイルへの希釈濃度は、体に使用する場合2,5%、顔に使用する場合1%です。 (10mlのキャリアオイルに対して、2,5%の場合は精油5滴。1%の場合は精油2滴となります。) そんな毎日のケアにおすすめな、皮膚に直接働きかけたり、自律神経やホルモンバランスを整える精油をご紹介します。 ラベンダー エッセンシャルオイル ラベンダー(オーガニック) 10ml 1,512 円(税込) 日焼けは、言ってしまえば皮膚が火傷をしている状態です。 日焼けによる肌のほてりに良い精油と言えばラベンダー。 ラベンダーは世界で初めて薬理作用が発見された精油として、昔から肌への治癒能力がとても高いことが知られているんですよ。 日焼け後に肌へ使用するのに最適な精油です。 オイルなどで希釈するのがちょっと面倒……という方には化粧水としてそのまま使えるラベンダーのフローラルウォーターがおすすめですよ。   ゼラニウム GAIA (ガイア) オーガニックエッセンシャルオイル ゼラニウム 5ml 1,944円(税込) ローズに似た成分を多くもつゼラニウムには皮脂バランスを調整する成分が含まれており、様々な肌タイプの方におすすめの精油です。 皮膚の軟化や弾力回復が期待でき、毎日のスキンケアに使えます。 また、体内の余分な水分や老廃物を排泄させてむくみ解消効果も期待できるので、代謝をよくする効果も! *妊娠初期の方は皮膚への使用は避けてください。   ペパーミント カリス エッセンシャルオイル ペパーミント オーガニック オイル 10ml 1,620円(税込) スッキリとした香りは夏の季節に向けて人気のペパーミント。 体感温度を下げて冷却効果があるので、日焼け後の肌に使用するとかゆみやほてりを和らげます。 刺激が強いので、敏感肌の人は注意しましょう。 少量から他の精油とブレンドして使うのがおすすめです。 *妊娠中・6歳以下の乳児・高血圧の方は、肌への使用は避けてください。   イランイラン エッセンシャルオイル(精油) イランイラン 10ml 【生活の木】 1,750円(税込) イランイランは主に南国に生息する甘い香りの花。 皮脂の分泌を調整する作用があるので、乾燥肌や皮脂性肌の方どちらの方にもおすすめ。 頭皮や髪のケアにも利用されます。 汗をかいてベタついたり、冷房などで乾燥したり皮膚にダメージの多い夏の時期におすすめです。 香りが強いので、高濃度で使用すると気分が悪くなることも。 敏感肌の方は肌への使用も注意してください。   ティートリー ニールズヤード レメディーズ エッセンシャルオイル ティートリー・オーガニック 5ml 1,512円(税込) 抗菌作用に優れたティートリー。 日焼け後の肌や傷に、希釈して塗布すると治りが早くなると言われています。 むくみ対策に使用されることもあり、代謝促進も期待できます。 スッキリとした香りで、まれに皮膚刺激を感じる方も。 肌の弱い方や敏感肌の方は、少量から使用する・他の精油をブレンドするなど、使用法に注意して取り入れてみてください。 *妊娠初期の方は使用を避けてください。   フランキンセンス フランキンセンス オーガニック 5g  1,728円(税込) スキンケアに人気のフランキンセンスは、皮膚を柔らかくし保湿効果が期待できます。 皮膚の細胞を活性化させるので、傷ついた肌を回復・再生させます。 日頃からシミやシワの予防でスキンケアに使用するのがおすすめ。 ラベンダーやローズとのブレンドはアンチエイジング効果も期待できます。 樹木からとれる精油なので、森林浴をしているような、深く呼吸をしたくなる香りですよ。 *妊娠初期の方は使用を避けてください。   ローズウッド 【フロリハナ/精油】 ローズウッド 100%ピュア 5g 1,374円(税込) すべての肌タイプの方でも安心して使えるローズウッド。 肌の細胞を活性化してくれます。 肌にハリを取り戻し、乾燥肌に良いと言われています。 バラに似た香りのローズウッドはリラックス効果も期待できるので、一日の終わりに使用するのがおすすめ^^ ローズウッドは名前の通り木部から抽出される精油で、花のローズとは別の種類となりますので、間違えないように注意しましょう。 紫外線で乾燥した肌を保湿するおすすめのキャリアオイル 「暑い季節にオイル?」 と思われるかもしれませんが、やはり保湿にはオイルがおすすめです。 キャリアオイルは暑く乾燥した産地で取れるものが多く、強い紫外線から肌を守るために、昔からその産地の人々によく使用されてきました。 日本の夏は湿気が多くそこまで乾燥してないと思われがちですが、強い紫外線を浴びた肌は乾燥していますし、室内でも冷暖房の普及や空調が強すぎるなどでかなり空気の乾燥した環境になっています。 また、春先の湿度があまり高くない時期も紫外線が強く乾燥しやすいので、早めのケアが必要です。 オイル使用におすすめのタイミングは入浴後です。 お風呂の湿気で柔らかくなっている清潔な肌は、お手入れするのに絶好のコンディションです^^ 単品で使用OKなオイル以外は、ブレンドして使うのがおすすめ。 どのキャリアオイルでも精油とブレンドをすることでより肌への相乗効果が期待できます。 上記で紹介した精油をお好みで混ぜてみてくださいね。 ダメージを受けた肌に、特におすすめのキャリアオイルをいくつか紹介しますね。   カメリア(椿)オイル 本島椿 純椿油 赤箱大 118ml 1,669円(税込) 日本で昔から髪や頭皮のケアなどによく使われてきたカメリアオイル。 紫外線から肌を守る効果があります。 酸化しにくく肌に優しいので、日に焼けた髪や頭皮の保湿ケアに最適です。 特に髪におすすめのオイルですが、全身に使用することもできます。   アボカドオイル アボカドオイル・精製/50ml 594円(税込) 「森のバター」として食用でも人気のアボカド。 その名の通り豊富な栄養素を含んでいます。 比較的粘度が高く油っぽいので、皮膚に塗布する場合は単品での使用より、他のキャリアオイルにアボカドオイルを20〜30%ほど混ぜると使いやすいです。 スキンケア全般に有効で保湿効果も高いので、肌の日焼けなどにおすすめですよ。   ココナッツオイル オーガニックバージンココナッツオイル 140ml 1,476円(税込) 食用で人気のココナッツオイルですが、スキンケアとしても活躍します。 保湿力が高く紫外線から肌を守る働きがあります。 主成分のラウリン酸は酸化に強く、肌の酸化を防ぐ働きがあるのでアンチエイジングも期待できます。 単体で使用するとまれに皮膚刺激を感じることもあるので、他のキャリアオイルにココナッツオイルを30〜40%程混ぜて使用するのがおすすめ。   ヘーゼルナッツオイル オーガニック キャリアオイル ヘーゼルナッツオイル 100ml  1,976円(税込) 痛んだ肌の回復・再生におすすめのヘーゼルナッツオイル。 比較的皮膚にスーッとなじみやすく、浸透しやすい使い心地で、日焼け止めローション・クリームなどにも良く使用されるオイルです。 保湿力が高く皮膚を健康に保ちます。 スイートアーモンドオイルと成分は似ていますが、ヘーゼルナッツオイルのほうがナッツの香りが強いため、香りが気になる場合は他のオイルとブレンドして使用してみてくださいね。   ホホバオイル メルヴィータ ビオオイル ホホバオイル...オーガニックな暮らしで健康でキレイに

Recommend!!こちらの記事もおすすめ