こんにちは。アロマライターのayakoです^^

気温が上がってきたこの頃、お気に入りの香りは爽快感のあるペパーミントです!

今回は、月の満ち欠けと、アロマについてお話します。

夜も少しずつ暖かくなってきて、外で過ごす時間も増えてきました。

空が明るいなぁと思ったら満月だったり。

夜が深いなぁと思ったら新月だったり。

月は、眺めるだけでなく周期によって人間の身体への影響が変わると言われているため、スキンケアや食事も月のリズムに合わせて変化させようと、美容や健康の分野で注目されています。

月の引力は、潮の満ち引きなどをはじめ地球に大きな影響を与えています。

ウミガメや珊瑚は満月の夜に出産する話も有名ですね。

昔は、農業など人間の生活へも密接に関わりがありました。

特に女性は月のエネルギーの影響を受けやすく、月との共通点がいくつかあります。

月の周期を知ることで、日々の生活で月のリズムを意識してみませんか?

「なんだかうまく行かないな……」という時、実は自然のエネルギーに逆らっているかもしれません。

身体の調子や気分に合わせて、アロマの香りも選んでみましょう。

女性と月の関係

月の周期と女性の身体は、サイクルがとても良く似ています。

まず、月の満ち欠けの周期は約29,5日。

「新月」から始まり、月が満ちていく「上限の月」、月のエネルギーが最大になる「満月」、月が欠けていく「下限の月」という4つの期間があります。

月の引力が最大になるのが「新月」と「満月」。

月と太陽と地球が一直線上に並び、月と太陽の強力な引力が地球に影響を与え、海面がふくれあがり大潮となります。

「上弦の月」「下弦の月」は月の位置が直角となり引力が弱まるため、次のサイクルへの準備期間となります。

この引力は人間の身体にも影響していると言われています。

一方、女性の月経の周期は約28日で、月の周期約29,5日とほぼ同じ。

そして女性の身体は「月経期」「低温期」「排卵期」「高温期」の4つのサイクルを繰り返しています。

このホルモンバランスの変化が月のサイクルと似ていることから、「月経」と呼ばれるようになった、という説も。

新月あるいは満月の時期に月経が始まると、月と同じサイクルで身体のリズムも変化するので、理想的と言われています。

月のリズムを意識してみると、月経周期が新月か満月に近いという人も多いようです。

月のエネルギーが人体にも密接に影響していると思うと、とても神秘的ですよね。

それぞれの周期に合わせた特徴とおすすめアロマ

 
では、実際月の周期はどんなものなのか、4つのサイクルの特徴に合わせて精油をご紹介します。

新月

新しいことを始めるのに最適と言われる新月の時期。

心身ともにリセットするのに適しています。

身体に溜まった不要なものを排出し、細胞が生まれ変わる力が強まるため、デトックス期に当たります。

運動やマッサージ、半身浴等を取り入れて、身体を温め、循環させましょう。排泄力が高いため、必要な成分まで出て行かないように肌の保湿などはしっかり行いましょう。

この時期に月経がある人は、不要なものを出し切るデトックス期となりますが、身体は低体温期に入ります。

身体をしっかり温めることで排泄力を高めましょう。

●おすすめのアロマ

排出を促すアロマを取り入れてみましょう。

ローズマリー、レモン、ペパーミントなど、老廃物・リンパの流れをよくしたり、むくみ解消に効果的な精油を使うと効果が期待できる時期です。

月経周期を整えるジュニパーベリーもおすすめ。

新月は、精神的な内向きのパワーが強まる時なので、アロマを炊きながら新しい目標を立てるなど、自分とゆっくり向き合う時間を作ってみてもいい時期ですね。

上弦の月

新月から満月に向けて、徐々にパワーを吸収・成長する時期となります。

心も身体も安定し、吸収力が高まります。

お肌の吸収力も高いので、スキンケアなど良いものを使うといいですね。

食事で取り入れたものも体内で吸収されやすくなるので、普段不足しがちな栄養を摂取するのに最適な時期でもあります。

例えば、女性に多い貧血に悩まされいる方は、鉄分の多い食材を意識して食事に取り入れるなど。

この時期は、オーガニック食材や無添加の食材など、普段よりも少し上質な物を積極的に選んでみてはいかがでしょう。

気をつけたいことは、満月に近づくにつれ吸収しやすい身体になっていくため、沢山食べ過ぎると体内に溜め込み、むくみなどが起こりやすくなります。

●おすすめのアロマ
吸収力が高い状態の身体の循環を促すアロマや、前向きな気持ちを後押しするアロマがおすすめ。オレンジスイート、ベルガモット、ネロリなどの柑橘系やラベンダーの精油で気持ちを前向きにし、胃腸の消化を促しましょう。

満月

エネルギーが満ちあふれ、吸収力が最高潮となる時期です。

良くも悪くもエネルギーの強い時期です。

筆者の友人であるヨガ講師が「満月はパワーが強く怪我が起こりやすいので、満月の日はレッスンを行わないヨガ教室もあるよ」と教えてくれたこともあります。

確かに、満月の日は事故が多い、出産が多いなどの話をよく聞きます。

吸収力が最も高まる時なので、美容/トリートメントなど◎。

良いものも良くないものも吸収しやすいので、身体に取り入れるものには注意を払いたいです。

交感神経が優位な時期で、気分が高まったり緊張しやすくなります。

深呼吸してストレッチをする、キャンドルを炊いてゆっくり過ごすなど、意識的にリラックスする時間を作りバランスをとることを心掛けましょう。

満月時に月経のある人は、骨盤が開いている時期のため、出血量が多く月経痛も軽い傾向があります。

吸収力の高い時期なので、お腹が空いて食欲が増す人も。

●おすすめのアロマ

吸収力の高まる時期なので、比較的むくみやすくなります。

ジュニパーベリー、ローズマリーなどむくみ解消や利尿作用のある精油や、イランイラン、グレープフルーツなど緊張感をほぐし心身のバランスをとる精油がおすすめ。

下弦の月

満月から新月へ月が細くなっていく時期。

今まで満ちていた月のパワーが弱まり、新月に向かって排出や解毒の力が強くなるデトックス期に入ります。

徐々に排泄力が高まっていくので、身体に溜まった水分などを出せる時期となります。

そのため新月に向かうこの時期は、4つの時期の中でダイエットに最適な時期と言われています。

岩盤浴やサウナなどで汗を流したり、マッサージやトリートメントで身体のメンテナンスをしたり、積極的に運動をしてみると効果を実感しやすいです。

●おすすめのアロマ

身体の調子を整える、メンテナンスを促す精油がおすすめです。

鎮静作用のあるラベンダー、ティートゥリーや、ホルモンバランスを整えるイランイラン、ゼラニウムなどを気分に合わせてブレンドしてみましょう。

日常生活に月の周期を取り入れる

月の周期が女性の身体にもたらす特徴をまとめてみました。

自分の身体の周期が月の周期とぴったり同じでなくても、心配しないでくださいね。

「私の身体は、今どんな状態なんだろう?」と自分の身体のことを気にするきっかけになり、日々の暮らし方を見直すことに繋がれば嬉しいです。

日光浴ならぬ月光浴という言葉もある程、月のリズムを生活に取り入れようという流れは年々大きくなってきていると感じます。

「頑張っているのにうまくいかないな…」「活動的になりすぎてはめを外しちゃった…」という時には、自然の流れに合わせて自分と向き合う時間を作ってみてもいいかもしれませんね。

そんなときにアロマを取り入れて、毎日が少しでも過ごしやすくなったら嬉しいです^^

 

最新の情報をフォローする

https://motto-woman.com/wp/wp-content/uploads/aroma-moon-1024x715.jpghttps://motto-woman.com/wp/wp-content/uploads/aroma-moon-150x150.jpgayakoアロマテラピーこんにちは。アロマライターのayakoです^^ 気温が上がってきたこの頃、お気に入りの香りは爽快感のあるペパーミントです! 今回は、月の満ち欠けと、アロマについてお話します。 夜も少しずつ暖かくなってきて、外で過ごす時間も増えてきました。 空が明るいなぁと思ったら満月だったり。 夜が深いなぁと思ったら新月だったり。 月は、眺めるだけでなく周期によって人間の身体への影響が変わると言われているため、スキンケアや食事も月のリズムに合わせて変化させようと、美容や健康の分野で注目されています。 月の引力は、潮の満ち引きなどをはじめ地球に大きな影響を与えています。 ウミガメや珊瑚は満月の夜に出産する話も有名ですね。 昔は、農業など人間の生活へも密接に関わりがありました。 特に女性は月のエネルギーの影響を受けやすく、月との共通点がいくつかあります。 月の周期を知ることで、日々の生活で月のリズムを意識してみませんか? 「なんだかうまく行かないな……」という時、実は自然のエネルギーに逆らっているかもしれません。 身体の調子や気分に合わせて、アロマの香りも選んでみましょう。 ⠀⠀⠀⠀⠀⠀⠀⠀⠀⠀⠀⠀⠀⠀Earth Spiritさん(@earthspirit)がシェアした投稿 - 2017 4月 24 11:14午後 PDT 女性と月の関係 月の周期と女性の身体は、サイクルがとても良く似ています。 まず、月の満ち欠けの周期は約29,5日。 「新月」から始まり、月が満ちていく「上限の月」、月のエネルギーが最大になる「満月」、月が欠けていく「下限の月」という4つの期間があります。 月の引力が最大になるのが「新月」と「満月」。 月と太陽と地球が一直線上に並び、月と太陽の強力な引力が地球に影響を与え、海面がふくれあがり大潮となります。 「上弦の月」「下弦の月」は月の位置が直角となり引力が弱まるため、次のサイクルへの準備期間となります。 この引力は人間の身体にも影響していると言われています。 一方、女性の月経の周期は約28日で、月の周期約29,5日とほぼ同じ。 そして女性の身体は「月経期」「低温期」「排卵期」「高温期」の4つのサイクルを繰り返しています。 このホルモンバランスの変化が月のサイクルと似ていることから、「月経」と呼ばれるようになった、という説も。 新月あるいは満月の時期に月経が始まると、月と同じサイクルで身体のリズムも変化するので、理想的と言われています。 月のリズムを意識してみると、月経周期が新月か満月に近いという人も多いようです。 月のエネルギーが人体にも密接に影響していると思うと、とても神秘的ですよね。 Botanic Universeさん(@botanicunverse)がシェアした投稿 - 2017 5月 7 12:51午前 PDT それぞれの周期に合わせた特徴とおすすめアロマ   では、実際月の周期はどんなものなのか、4つのサイクルの特徴に合わせて精油をご紹介します。 新月 新しいことを始めるのに最適と言われる新月の時期。 心身ともにリセットするのに適しています。 身体に溜まった不要なものを排出し、細胞が生まれ変わる力が強まるため、デトックス期に当たります。 運動やマッサージ、半身浴等を取り入れて、身体を温め、循環させましょう。排泄力が高いため、必要な成分まで出て行かないように肌の保湿などはしっかり行いましょう。 この時期に月経がある人は、不要なものを出し切るデトックス期となりますが、身体は低体温期に入ります。 身体をしっかり温めることで排泄力を高めましょう。 ●おすすめのアロマ 排出を促すアロマを取り入れてみましょう。 ローズマリー、レモン、ペパーミントなど、老廃物・リンパの流れをよくしたり、むくみ解消に効果的な精油を使うと効果が期待できる時期です。 月経周期を整えるジュニパーベリーもおすすめ。 新月は、精神的な内向きのパワーが強まる時なので、アロマを炊きながら新しい目標を立てるなど、自分とゆっくり向き合う時間を作ってみてもいい時期ですね。 上弦の月 新月から満月に向けて、徐々にパワーを吸収・成長する時期となります。 心も身体も安定し、吸収力が高まります。 お肌の吸収力も高いので、スキンケアなど良いものを使うといいですね。 食事で取り入れたものも体内で吸収されやすくなるので、普段不足しがちな栄養を摂取するのに最適な時期でもあります。 例えば、女性に多い貧血に悩まされいる方は、鉄分の多い食材を意識して食事に取り入れるなど。 この時期は、オーガニック食材や無添加の食材など、普段よりも少し上質な物を積極的に選んでみてはいかがでしょう。 気をつけたいことは、満月に近づくにつれ吸収しやすい身体になっていくため、沢山食べ過ぎると体内に溜め込み、むくみなどが起こりやすくなります。 ●おすすめのアロマ 吸収力が高い状態の身体の循環を促すアロマや、前向きな気持ちを後押しするアロマがおすすめ。オレンジスイート、ベルガモット、ネロリなどの柑橘系やラベンダーの精油で気持ちを前向きにし、胃腸の消化を促しましょう。 満月 エネルギーが満ちあふれ、吸収力が最高潮となる時期です。 良くも悪くもエネルギーの強い時期です。 筆者の友人であるヨガ講師が「満月はパワーが強く怪我が起こりやすいので、満月の日はレッスンを行わないヨガ教室もあるよ」と教えてくれたこともあります。 確かに、満月の日は事故が多い、出産が多いなどの話をよく聞きます。 吸収力が最も高まる時なので、美容/トリートメントなど◎。 良いものも良くないものも吸収しやすいので、身体に取り入れるものには注意を払いたいです。 交感神経が優位な時期で、気分が高まったり緊張しやすくなります。 深呼吸してストレッチをする、キャンドルを炊いてゆっくり過ごすなど、意識的にリラックスする時間を作りバランスをとることを心掛けましょう。 満月時に月経のある人は、骨盤が開いている時期のため、出血量が多く月経痛も軽い傾向があります。 吸収力の高い時期なので、お腹が空いて食欲が増す人も。 ●おすすめのアロマ 吸収力の高まる時期なので、比較的むくみやすくなります。 ジュニパーベリー、ローズマリーなどむくみ解消や利尿作用のある精油や、イランイラン、グレープフルーツなど緊張感をほぐし心身のバランスをとる精油がおすすめ。 下弦の月 満月から新月へ月が細くなっていく時期。 今まで満ちていた月のパワーが弱まり、新月に向かって排出や解毒の力が強くなるデトックス期に入ります。 徐々に排泄力が高まっていくので、身体に溜まった水分などを出せる時期となります。 そのため新月に向かうこの時期は、4つの時期の中でダイエットに最適な時期と言われています。 岩盤浴やサウナなどで汗を流したり、マッサージやトリートメントで身体のメンテナンスをしたり、積極的に運動をしてみると効果を実感しやすいです。 ●おすすめのアロマ 身体の調子を整える、メンテナンスを促す精油がおすすめです。 鎮静作用のあるラベンダー、ティートゥリーや、ホルモンバランスを整えるイランイラン、ゼラニウムなどを気分に合わせてブレンドしてみましょう。 日常生活に月の周期を取り入れる 月の周期が女性の身体にもたらす特徴をまとめてみました。 自分の身体の周期が月の周期とぴったり同じでなくても、心配しないでくださいね。 「私の身体は、今どんな状態なんだろう?」と自分の身体のことを気にするきっかけになり、日々の暮らし方を見直すことに繋がれば嬉しいです。 日光浴ならぬ月光浴という言葉もある程、月のリズムを生活に取り入れようという流れは年々大きくなってきていると感じます。 「頑張っているのにうまくいかないな…」「活動的になりすぎてはめを外しちゃった…」という時には、自然の流れに合わせて自分と向き合う時間を作ってみてもいいかもしれませんね。 そんなときにアロマを取り入れて、毎日が少しでも過ごしやすくなったら嬉しいです^^オーガニックな暮らしで自分らしく健康でキレイに