mottoは、株式会社Nobolにより運営されています。
株式会社Nobolは「利用者の目線に立った、質の高いメディアを提供する」ことを理念とし、より良いコンテンツ作りを行っています。