暖かくなると、やはり気になるのが紫外線です。

何かと外に出る機会が多くなるこの季節、とくに皮膚の薄いお子さんにもきちんとケアしてあげたいですね。

そこで、これからの時期に赤ちゃんにも使える天然成分由来のUVクリームをご紹介します。

乳幼児でもUVケアは必須なの?


赤ちゃんを外出させるようになれば、紫外線の刺激を受けないようUVケアを始めなければなりません。

特に夏場のUVケアは、スキンケアの一環として重要ですが、外出が多くなる春から塗ってあげましょう。

赤ちゃんは、皮膚の厚みが成人の約半分ほど。

ケアを行わなければ、紫外線により皮膚が火傷を負った状態になる場合もあるのです。

また、乳幼児期に紫外線を浴びてしまうと肌表面や皮下組織への負担が蓄積されるため、シミやシワは勿論、免疫力低下にも繋がります。

紫外線による肌への影響を受けやすい赤ちゃんは、UVケアによって肌を守ってあげなければならないのです。

UVクリームを塗り始める適正期は?

子ども向けのUVクリームは、月齢が低い乳幼児期から使用が出来る商品も沢山発売されています。

オーガニックなど肌や身体に負担となりにくいUVクリームであっても、生後3ヶ月頃までは着けることが好ましくありません。

生後3か月までは、日差しの強い時間帯の外出を避けましょう。

3ヶ月を過ぎたら、肌への負担が軽いUVクリームを着けてあげることがおすすめ。

SPFの数値が低いクリームほど肌への負担は軽くなります。

夏場に外出をしなければならない場合は、各商品のSPFの数値と各商品の使用可能月齢を確認してから使用しましょう。

※商品に表示されている使用適齢期を確認しましょう。

使用適齢期前であれば、医師にご相談ください。

天然成分出できたUVクリームの特徴

天然成分でできたものは肌に優しいという印象を持つ方も多いのではないでしょうか。

天然成分でできたUVクリームは化学物質をほとんど使用しておらず、乳幼児でも安心して使用出来る点が最大の魅力。

天然の成分でUVカットができるという点は大きなメリットです。

通常のUVクリームなどには、「紫外線吸収剤」が配合されています。

紫外線吸収剤はUVカット効果を高めるために必要な成分ではあるものの、肌へ負担となる成分でもあるのです。

赤ちゃんに使用する場合、この様な科学的な成分が含まれていない天然成分で出来たUVクリームが好ましいでしょう。

UVクリームについてもオーガニックコスメの普及によって研究が進められており、天然由来成分のみであっても十分にUVカット効果が期待出来るようになっています。

天然成分のUVクリームは、肌への負担が軽い分SPFの数値が低い点が特徴。

しかし、子ども向けのUVケアであれば高いSPFは必要ないでしょう。

日常の外出であれば十分なSPF数値のUVクリームが揃っています。

子どもにおすすめのUVクリーム5選

小さな子どもや赤ちゃんにも使用出来る、肌に優しい天然成分のUVクリームを紹介します。

チルドレンサンスクリーン エルバビーバ(erbavia)

乳幼児にも使用出来るオーガニックブランドとして有名なエルバビーバ。

オーガニックラベンダー
を含み、優しい香りが特徴となっています。

肌が異物であると認識し、アレルギー反応や肌トラブルを引き起こす原因となる化学成分を使用していません。

クレンジングオイルを使用せず、ボディーソープで落とすことが出来る点も魅力。

白く浮きにくく肌馴染みも良いため、化粧下地にも最適。

親子で使うこともおすすめのUVクリームです。

※赤ちゃんに使用する際は生後6ヶ月〜。

【商品名】エルバビーバ(erbavia) チルドレンサンスクリーン
【SPF】30
【価格】3,024円
【内容量】75ml
【成分】オーガニックラベンダー、カモミールエッセンシャルオイルなど

公式サイト

UVミストアロマイン ママバター(MAMA BUTTER)

UVケアに加えて、肌に潤いを与える効果が期待出来る天然保湿成分「シアバタ-」も5%配合。

UVケアと同時に乾燥対策も出来るため、肌への負担をより軽減する効果が期待出来ますね。

ノンシリコンであり、質感もさらりとしていてベタつきません。

肌に密着するため、汗などによりUV効果が落ちてしまうことも防ぎます。

シトロネラ、レモングラス、ゼラニウム、ユーカリタスなどのエッセンシャルオイルを含むことによって虫よけ効果も期待出来る点もポイントです。

オーガニックUVクリームは高価なイメージもあるはず。

しかし、UVミストアロマインは比較的低価格であるため、オーガニックUVクリームに注目をしていた方もトライしやすく、おすすめです。

【商品名】ママバター(MAMA BUTTER)UVミストアロマイン
【SPF】20
【価格】1,836円
【内容量】90ml
【成分】ローズマリーなど

公式サイト

エーデルワイスUVプロテクト ヴェレダ(WELEDA)

伸びが良く、着けた後のべたつきも気にならないため、赤ちゃんも不快に感じにくい点が嬉しいポイント。

エーデルワイスのエキスを配合し、爽やかな香りも特徴です。

オーガニック成分による自然な発色の、薄いベージュカラー。

自然な色味が着くため、化粧下地にも使用できます。

大人も一緒に使用できる商品であれば、ケアの時短にも繋がることでしょう。

アロエベラやカモミール、ラベンダーによって肌表面の保湿や、バリア機能を生かして肌を保護します。

空気の乾燥など外部刺激による肌の乾燥も防いでくれる点が魅力のUVクリームです。

【商品名】ヴェレダ(WELEDA)・エーデルワイスUVプロテクト
【SPF】33
【価格】2,484円
【内容量】50ml
【成分】オリーブ果実油など

公式サイト

ベビー&キッズ サンミルク30 ラヴェーラ(lavera)


赤ちゃんの肌は大変デリケートです。そのため、UVケアだけではなく肌を保護するという事も重要なポイント。

「ベビー&キッズ サンミルク30」は天然ミネラル成分配合であり、赤ちゃんだけではなく敏感肌に悩む大人にもおすすめです。

潤いを与えてくれる効果が期待出来ることで、紫外線による乾燥も防ぎます。

カロットエキスも配合していることにより自然な肌色のクリームであることも特徴。

白浮きしにくい点が嬉しいポイントです。

ウォータープルーフタイプであるため、夏のレジャーにも活用出来るでしょう。

【商品名】ラヴェーラ(lavera)・ベビー&キッズ サンミルク30
【SPF】30
【価格】2,835円
【内容量】75ml
【成分】カロットエキスなど

公式サイト

UVクリーム アロベビー

赤ちゃんのためのUVクリームであり、虫よけ効果も期待出来る「アロベビーUVクリーム」。

肌のバリア機能を回復させる効果が期待出来る、オリーブ葉エキスも配合しています。

空気の乾燥など、デリケートで傷付き易い赤ちゃんの肌を保護してくれるのです。

オーガニックである点、開発・製造に至るまで日本製である点など、赤ちゃんの肌にも安心のUVクリーム。

キイチゴエキス配合で肌の表面から栄養を与えてくれる点が魅力です。

紫外線や乾燥による肌のダメージを軽減・修復する効果が期待出来ます。

虫よけ効果の高い天然オーガニックオイルの香りは、大人にも好評。

柑橘系の爽やかな香りとなっています。

【商品名】アロベビー UVクリーム
【SPF】20
【価格】2,592円
【内容量】60ml
【成分】ラベンダーエキス、ローズエキス、オリーブ葉エキスなど

公式サイト

赤ちゃんには石鹸で落とせる天然成分由来のUVクリームを!


通常のUVクリームには、紫外線吸収剤など肌に負担となる可能性の高い成分が含まれています。

非常にデリケートな赤ちゃんの肌には、天然成分でできたUVクリームがおすすめ。

赤ちゃん用のUVクリームに共通する特徴は、石鹸で洗い流すことが出来ることです。

オフをする際の肌への負担も軽減されます。

一度塗り心地の悪いUVクリームを使用してしまうと、次の使用時には抵抗される場合もあるのです。

塗り心地の良さ、赤ちゃんに取って肌への違和感がないUVクリームを見つけてあげましょう。

 

Follow me!!

最新の情報をフォローする

Twitter でmottohbをフォローしよう!

https://motto-woman.com/wp/wp-content/uploads/iStock-675576544-1024x683.jpghttps://motto-woman.com/wp/wp-content/uploads/iStock-675576544-150x150.jpgmotto編集部お手入れするUVクリーム,日焼け止め暖かくなると、やはり気になるのが紫外線です。 何かと外に出る機会が多くなるこの季節、とくに皮膚の薄いお子さんにもきちんとケアしてあげたいですね。 そこで、これからの時期に赤ちゃんにも使える天然成分由来のUVクリームをご紹介します。 乳幼児でもUVケアは必須なの? 赤ちゃんを外出させるようになれば、紫外線の刺激を受けないようUVケアを始めなければなりません。 特に夏場のUVケアは、スキンケアの一環として重要ですが、外出が多くなる春から塗ってあげましょう。 赤ちゃんは、皮膚の厚みが成人の約半分ほど。 ケアを行わなければ、紫外線により皮膚が火傷を負った状態になる場合もあるのです。 また、乳幼児期に紫外線を浴びてしまうと肌表面や皮下組織への負担が蓄積されるため、シミやシワは勿論、免疫力低下にも繋がります。 紫外線による肌への影響を受けやすい赤ちゃんは、UVケアによって肌を守ってあげなければならないのです。 UVクリームを塗り始める適正期は? 子ども向けのUVクリームは、月齢が低い乳幼児期から使用が出来る商品も沢山発売されています。 オーガニックなど肌や身体に負担となりにくいUVクリームであっても、生後3ヶ月頃までは着けることが好ましくありません。 生後3か月までは、日差しの強い時間帯の外出を避けましょう。 3ヶ月を過ぎたら、肌への負担が軽いUVクリームを着けてあげることがおすすめ。 SPFの数値が低いクリームほど肌への負担は軽くなります。 夏場に外出をしなければならない場合は、各商品のSPFの数値と各商品の使用可能月齢を確認してから使用しましょう。 ※商品に表示されている使用適齢期を確認しましょう。 使用適齢期前であれば、医師にご相談ください。 天然成分出できたUVクリームの特徴 天然成分でできたものは肌に優しいという印象を持つ方も多いのではないでしょうか。 天然成分でできたUVクリームは化学物質をほとんど使用しておらず、乳幼児でも安心して使用出来る点が最大の魅力。 天然の成分でUVカットができるという点は大きなメリットです。 通常のUVクリームなどには、「紫外線吸収剤」が配合されています。 紫外線吸収剤はUVカット効果を高めるために必要な成分ではあるものの、肌へ負担となる成分でもあるのです。 赤ちゃんに使用する場合、この様な科学的な成分が含まれていない天然成分で出来たUVクリームが好ましいでしょう。 UVクリームについてもオーガニックコスメの普及によって研究が進められており、天然由来成分のみであっても十分にUVカット効果が期待出来るようになっています。 天然成分のUVクリームは、肌への負担が軽い分SPFの数値が低い点が特徴。 しかし、子ども向けのUVケアであれば高いSPFは必要ないでしょう。 日常の外出であれば十分なSPF数値のUVクリームが揃っています。 子どもにおすすめのUVクリーム5選 小さな子どもや赤ちゃんにも使用出来る、肌に優しい天然成分のUVクリームを紹介します。 チルドレンサンスクリーン エルバビーバ(erbavia) 乳幼児にも使用出来るオーガニックブランドとして有名なエルバビーバ。 オーガニックラベンダーを含み、優しい香りが特徴となっています。 肌が異物であると認識し、アレルギー反応や肌トラブルを引き起こす原因となる化学成分を使用していません。 クレンジングオイルを使用せず、ボディーソープで落とすことが出来る点も魅力。 白く浮きにくく肌馴染みも良いため、化粧下地にも最適。 親子で使うこともおすすめのUVクリームです。 ※赤ちゃんに使用する際は生後6ヶ月〜。 【商品名】エルバビーバ(erbavia) チルドレンサンスクリーン 【SPF】30 【価格】3,024円 【内容量】75ml 【成分】オーガニックラベンダー、カモミールエッセンシャルオイルなど 公式サイト UVミストアロマイン ママバター(MAMA BUTTER) UVケアに加えて、肌に潤いを与える効果が期待出来る天然保湿成分「シアバタ-」も5%配合。 UVケアと同時に乾燥対策も出来るため、肌への負担をより軽減する効果が期待出来ますね。 ノンシリコンであり、質感もさらりとしていてベタつきません。 肌に密着するため、汗などによりUV効果が落ちてしまうことも防ぎます。 シトロネラ、レモングラス、ゼラニウム、ユーカリタスなどのエッセンシャルオイルを含むことによって虫よけ効果も期待出来る点もポイントです。 オーガニックUVクリームは高価なイメージもあるはず。 しかし、UVミストアロマインは比較的低価格であるため、オーガニックUVクリームに注目をしていた方もトライしやすく、おすすめです。 【商品名】ママバター(MAMA BUTTER)UVミストアロマイン 【SPF】20 【価格】1,836円 【内容量】90ml 【成分】ローズマリーなど 公式サイト エーデルワイスUVプロテクト ヴェレダ(WELEDA) 伸びが良く、着けた後のべたつきも気にならないため、赤ちゃんも不快に感じにくい点が嬉しいポイント。 エーデルワイスのエキスを配合し、爽やかな香りも特徴です。 オーガニック成分による自然な発色の、薄いベージュカラー。 自然な色味が着くため、化粧下地にも使用できます。 大人も一緒に使用できる商品であれば、ケアの時短にも繋がることでしょう。 アロエベラやカモミール、ラベンダーによって肌表面の保湿や、バリア機能を生かして肌を保護します。 空気の乾燥など外部刺激による肌の乾燥も防いでくれる点が魅力のUVクリームです。 【商品名】ヴェレダ(WELEDA)・エーデルワイスUVプロテクト 【SPF】33 【価格】2,484円 【内容量】50ml 【成分】オリーブ果実油など 公式サイト ベビー&キッズ サンミルク30 ラヴェーラ(lavera) 赤ちゃんの肌は大変デリケートです。そのため、UVケアだけではなく肌を保護するという事も重要なポイント。 「ベビー&キッズ サンミルク30」は天然ミネラル成分配合であり、赤ちゃんだけではなく敏感肌に悩む大人にもおすすめです。 潤いを与えてくれる効果が期待出来ることで、紫外線による乾燥も防ぎます。 カロットエキスも配合していることにより自然な肌色のクリームであることも特徴。 白浮きしにくい点が嬉しいポイントです。 ウォータープルーフタイプであるため、夏のレジャーにも活用出来るでしょう。 【商品名】ラヴェーラ(lavera)・ベビー&キッズ サンミルク30 【SPF】30 【価格】2,835円 【内容量】75ml 【成分】カロットエキスなど 公式サイト UVクリーム アロベビー 赤ちゃんのためのUVクリームであり、虫よけ効果も期待出来る「アロベビーUVクリーム」。 肌のバリア機能を回復させる効果が期待出来る、オリーブ葉エキスも配合しています。 空気の乾燥など、デリケートで傷付き易い赤ちゃんの肌を保護してくれるのです。 オーガニックである点、開発・製造に至るまで日本製である点など、赤ちゃんの肌にも安心のUVクリーム。 キイチゴエキス配合で肌の表面から栄養を与えてくれる点が魅力です。 紫外線や乾燥による肌のダメージを軽減・修復する効果が期待出来ます。 虫よけ効果の高い天然オーガニックオイルの香りは、大人にも好評。 柑橘系の爽やかな香りとなっています。 【商品名】アロベビー UVクリーム 【SPF】20 【価格】2,592円 【内容量】60ml 【成分】ラベンダーエキス、ローズエキス、オリーブ葉エキスなど 公式サイト 赤ちゃんには石鹸で落とせる天然成分由来のUVクリームを! 通常のUVクリームには、紫外線吸収剤など肌に負担となる可能性の高い成分が含まれています。 非常にデリケートな赤ちゃんの肌には、天然成分でできたUVクリームがおすすめ。 赤ちゃん用のUVクリームに共通する特徴は、石鹸で洗い流すことが出来ることです。 オフをする際の肌への負担も軽減されます。 一度塗り心地の悪いUVクリームを使用してしまうと、次の使用時には抵抗される場合もあるのです。 塗り心地の良さ、赤ちゃんに取って肌への違和感がないUVクリームを見つけてあげましょう。オーガニックな暮らしで健康でキレイに

Recommend!!こちらの記事もおすすめ