編集部の池田です。

来週はいよいよバレインタイン♡

世間はすっかり甘〜いチョコレート色にそまってますね!

本命チョコだけでなくお世話になっている人や友達、自分へのご褒美として買う人も多いのではないでしょうか。

関連記事:【バレンタイン&ホワイトデー】ギフトにおすすめのオーガニックチョコレート!体想いのチョコを贈ろう

そんな私もチョコに目がないひとり!!!

とくに最近は「オーガニックチョコレート」にはまっています♪

「オーガニックチョコレート」は自然な優しい甘みで、後味も引くことなく軽い口当たりが特徴。

いつもと同じ味で飽きてしまった人、甘いものが得意でない人にオーガニックチョコレートは絶対おすすめです。

最近ではオーガニックチョコレートの取扱うブランドも多くなり、スーパーフード入りや、原産国にこだわったものも増えてきました。

ということでバレンタインに先駆けて、勝手にmotto編集部が美味しい!おすすめしたい!!と思った「オーガニックチョコレート」をご紹介します。

Jean Michel Mortreau(ジャン=ミッシェル・モルトロー)【フランス】

本命・ギフトにぴったり♪ 選び抜かれた素材で豊かな風味が口に広がる

【バレンタイン&ホワイトデー】ギフトにおすすめのオーガニックチョコレート!体想いのチョコを贈ろうでもご紹介している、今、オーガニックチョコレートのなかでもっとも注目されているフランス発のショコラブランド。

世界で1%程度しか流通していなオーガニックカカオからさらに厳選し、上質な味わいの品種を使っています。

今回、食べた商品は、PETIT SAC BONBON(プティ・サック・ボンボン)3個入り972円(税込)

上品な黒と赤の袋と包で、高級感ありますね。

味は、左からキャラメル・プラリネ・ガナッシュ

ガナッシュには、フランスのブルターニュ地方にあるゲランド塩田の塩を使用し、プラリネにはシチリア島のエトナ山の麓で採れた最上級ピスタチオが入って、素材にもこだわりが見えます。

見た目はどれも黒っぽくてやや地味ですが(というか高級感がある?)、香りは濃厚なカカオ。

まずはキャラメルをぱくり。

中身はトロッとした口当たりのいい生キャラメルで、口に入れるとまず塩の味が一瞬します。

その直後には、塩分効果なのかチョコの甘みがふわーっとひろがり、最後はややビターで濃厚なチョコが口に残ります。

一言でいうと濃厚。

オーガニックチョコでここまで濃厚なのは初めてです。

次にプラリネ。

さすが高級ピスタチオを使っているだけあって、風味豊かなピスタチオが口から鼻に抜けました。

いや、どちらかというと頭を突き抜ける感じ?!でしょうか。

それくらい爽やかなピスタチオ!!

これが、甘めのミルクチョコと良く合うんですよ。

最後に、ガナッシュは、カカオが濃厚かつ、ビターで後味はやや苦め。

ブラックコーヒーによく合います。

でも、甘いミルクティーにも合いそうです。

個人的には、ピスタチオが風味豊かで好きでしたが、甘いのが苦手な人はガナッシュがちょうどいいと思います。

公式サイト

LOVE COCOA(ラブココア) 【イギリス】

優しい口溶けとアールグレイの香りでうっとりしちゃう♡

見た目は、思わず手に取りたくなるティーポッドが書かれた可愛いパッケージ。

イギリスの老舗チョコレートメーカーCadburyの創業者のひ孫John Cadburyが2016年に立ち上げて、ブランドとしてはまだ若いほうですが、すでにイギリス本国では人気があるオーガニックチョコレートブランドのひとつだそう。

エクアドルとドミニカの農園で完全オーガニック栽培により作られたカカオを使用し、フレーバーはダークチョコレート・ミントチョコレート・シーソルトチョコレート ・ミルクチョコレート・ハニーチョコレート・アールグレイチョコレートの6種類。

各種1058円(税込)です。

今回はイギリスということで、アールグレイチョコレートを食べてみました。

ちなみに女性に一番人気なのもアールグレイらしいですよ♡

コールドプレスしたベルガモットオイルとミルクチョコレートをブレンドした紅茶味のチョコレート。

パッケージを開けると、上品なアールグレイの香りがふわ、ふわっ、ふわわ〜っ!!

香りだけでも十分楽しめちゃいます。

味は、優しく程よい甘さのミルクチョコレートが口いっぱいに広がり、後からアールグレイの深い香りが口から鼻へと抜けていきます。

上質な美味しいミルクティーを飲んでいる感覚です。

食べてから完全に溶けるまでの間は、まるで花が咲く庭園のテラスでティータイムしているような気分……(うっとり)。

食べた後もかすかに鼻の置くにアールグレイの香りが残り、余韻までも楽しめます。

まさに紅茶と相性抜群なチョコレート♡

女友だちやママ友に送ると喜ばれること間違いなしです。

公式サイト

カカオの魔法【エクアドル】

男性に人気!カカオニブ入り。ブラックコーヒーお酒によく合うフェアトレードチョコ

いろいろ食べた中でも、一番斬新でかつ社内の男性に評判が良かったのが、カカオニブ入りの粒チョコレート!

カカオニブとは、カカオ豆から殻を取り除いて砕いたスーパーフード。

抗酸化作用のあるポリフェノールや、美肌によいとされるビタミンAとビタミンCが含まれている注目の素材です。

関連記事:美肌の味方、カカオニブを試したい女子必見!初心者におすすめの本格カカオニブ3選

そのカカオニブをチョコレートでコーティングして、瓶に詰めたチョコレート。

こちらはオーガニックとはうたってませんが、無農薬のカカオと無農薬のきび糖を使用し、フェアトレードで作られています。

テイストは6種類。

・ビター…カカオニブをビターチョコレートでコーティング
・ミルク…カカオニブをミルクチョコレートでコーティング
・ミックス…カカオニブをビターとミルクでコーティングした粒が半分ずつ
・ほおずき…ゴールデンベリーのドライフルーツをビターでコーティング
・SNOW…カカオニブとゴールデンベリーをホワイトチョコでコーティングした粒が半分ずつ

価格は各種1296円(税込)。

今回は、ミルクとビターチョコの2種類でコーティングされたミックス味を食べてみました!

見た目は少し粒の小さい麦チョコですね。

色が薄い粒がミルクチョコで、やや濃い目な粒がビターチョコ。

瓶の蓋をあけると、濃厚なビターチョコの香りが広がります。

まずは、ミルクチョコから。

カカオニブには甘みはありませんが、ミルクチョコと合わさると、苦味7:甘味3の割合で甘さが逆にアクセント!

甘さが苦手な人でも食べやすい思います。

正直、これ、超好き。

しかも、ナッツのようなカカオニブの触感が楽しくて、気がつくとついポリポリ食べてしまうという…。

ビターチョコは、逆に甘みがほとんどなくカカオのしっかりとした味が楽しめます。

そして両方一緒に食べると口のなかはもう、カカオ天国!!

ブラックコーヒーに良くあうので、コーヒー好きな人には喜ばれるのではないでしょうか。

意外にも、赤ワインやウィスキーといいたお酒にも合うという意見もありました。

スローウォーターカフェ オンラインサイト

体に優しいオーガニックチョコレートを送ろう

今回、ご紹介したオーガニックチョコレートは、渋谷ヒカリエにて2月14日まで出店しています。

体に優しくてほどよい甘さがちょうどいいオーガニックチョコを、ぜひお試しください!

 

Follow me!!

最新の情報をフォローする

Twitter でmottohbをフォローしよう!

https://motto-woman.com/wp/wp-content/uploads/IMG_0329-1024x768.jpghttps://motto-woman.com/wp/wp-content/uploads/IMG_0329-150x150.jpgmotto編集部食べるオーガニックチョコレート,カカオニブ,フェアトレードチョコレート編集部の池田です。 来週はいよいよバレインタイン♡ 世間はすっかり甘〜いチョコレート色にそまってますね! 本命チョコだけでなくお世話になっている人や友達、自分へのご褒美として買う人も多いのではないでしょうか。 関連記事:【バレンタイン&ホワイトデー】ギフトにおすすめのオーガニックチョコレート!体想いのチョコを贈ろう そんな私もチョコに目がないひとり!!! とくに最近は「オーガニックチョコレート」にはまっています♪ 「オーガニックチョコレート」は自然な優しい甘みで、後味も引くことなく軽い口当たりが特徴。 いつもと同じ味で飽きてしまった人、甘いものが得意でない人にオーガニックチョコレートは絶対おすすめです。 最近ではオーガニックチョコレートの取扱うブランドも多くなり、スーパーフード入りや、原産国にこだわったものも増えてきました。 ということでバレンタインに先駆けて、勝手にmotto編集部が美味しい!おすすめしたい!!と思った「オーガニックチョコレート」をご紹介します。 Jean Michel Mortreau(ジャン=ミッシェル・モルトロー)【フランス】 本命・ギフトにぴったり♪ 選び抜かれた素材で豊かな風味が口に広がる 【バレンタイン&ホワイトデー】ギフトにおすすめのオーガニックチョコレート!体想いのチョコを贈ろうでもご紹介している、今、オーガニックチョコレートのなかでもっとも注目されているフランス発のショコラブランド。 世界で1%程度しか流通していなオーガニックカカオからさらに厳選し、上質な味わいの品種を使っています。 今回、食べた商品は、PETIT SAC BONBON(プティ・サック・ボンボン)の3個入り972円(税込)。 上品な黒と赤の袋と包で、高級感ありますね。 味は、左からキャラメル・プラリネ・ガナッシュ。 ガナッシュには、フランスのブルターニュ地方にあるゲランド塩田の塩を使用し、プラリネにはシチリア島のエトナ山の麓で採れた最上級ピスタチオが入って、素材にもこだわりが見えます。 見た目はどれも黒っぽくてやや地味ですが(というか高級感がある?)、香りは濃厚なカカオ。 まずはキャラメルをぱくり。 中身はトロッとした口当たりのいい生キャラメルで、口に入れるとまず塩の味が一瞬します。 その直後には、塩分効果なのかチョコの甘みがふわーっとひろがり、最後はややビターで濃厚なチョコが口に残ります。 一言でいうと濃厚。 オーガニックチョコでここまで濃厚なのは初めてです。 次にプラリネ。 さすが高級ピスタチオを使っているだけあって、風味豊かなピスタチオが口から鼻に抜けました。 いや、どちらかというと頭を突き抜ける感じ?!でしょうか。 それくらい爽やかなピスタチオ!! これが、甘めのミルクチョコと良く合うんですよ。 最後に、ガナッシュは、カカオが濃厚かつ、ビターで後味はやや苦め。 ブラックコーヒーによく合います。 でも、甘いミルクティーにも合いそうです。 個人的には、ピスタチオが風味豊かで好きでしたが、甘いのが苦手な人はガナッシュがちょうどいいと思います。 Jean Michel Mortreau 公式サイト LOVE COCOA(ラブココア) 【イギリス】 優しい口溶けとアールグレイの香りでうっとりしちゃう♡ 見た目は、思わず手に取りたくなるティーポッドが書かれた可愛いパッケージ。 イギリスの老舗チョコレートメーカーCadburyの創業者のひ孫John Cadburyが2016年に立ち上げて、ブランドとしてはまだ若いほうですが、すでにイギリス本国では人気があるオーガニックチョコレートブランドのひとつだそう。 エクアドルとドミニカの農園で完全オーガニック栽培により作られたカカオを使用し、フレーバーはダークチョコレート・ミントチョコレート・シーソルトチョコレート ・ミルクチョコレート・ハニーチョコレート・アールグレイチョコレートの6種類。 各種1058円(税込)です。 今回はイギリスということで、アールグレイチョコレートを食べてみました。 ちなみに女性に一番人気なのもアールグレイらしいですよ♡ コールドプレスしたベルガモットオイルとミルクチョコレートをブレンドした紅茶味のチョコレート。 パッケージを開けると、上品なアールグレイの香りがふわ、ふわっ、ふわわ〜っ!! 香りだけでも十分楽しめちゃいます。 味は、優しく程よい甘さのミルクチョコレートが口いっぱいに広がり、後からアールグレイの深い香りが口から鼻へと抜けていきます。 上質な美味しいミルクティーを飲んでいる感覚です。 食べてから完全に溶けるまでの間は、まるで花が咲く庭園のテラスでティータイムしているような気分……(うっとり)。 食べた後もかすかに鼻の置くにアールグレイの香りが残り、余韻までも楽しめます。 まさに紅茶と相性抜群なチョコレート♡ 女友だちやママ友に送ると喜ばれること間違いなしです。 LOVE COCOA 公式サイト カカオの魔法【エクアドル】 男性に人気!カカオニブ入り。ブラックコーヒーお酒によく合うフェアトレードチョコ いろいろ食べた中でも、一番斬新でかつ社内の男性に評判が良かったのが、カカオニブ入りの粒チョコレート! カカオニブとは、カカオ豆から殻を取り除いて砕いたスーパーフード。 抗酸化作用のあるポリフェノールや、美肌によいとされるビタミンAとビタミンCが含まれている注目の素材です。 関連記事:美肌の味方、カカオニブを試したい女子必見!初心者におすすめの本格カカオニブ3選 そのカカオニブをチョコレートでコーティングして、瓶に詰めたチョコレート。 こちらはオーガニックとはうたってませんが、無農薬のカカオと無農薬のきび糖を使用し、フェアトレードで作られています。 テイストは6種類。 ・ビター…カカオニブをビターチョコレートでコーティング ・ミルク…カカオニブをミルクチョコレートでコーティング ・ミックス…カカオニブをビターとミルクでコーティングした粒が半分ずつ ・ほおずき…ゴールデンベリーのドライフルーツをビターでコーティング ・SNOW…カカオニブとゴールデンベリーをホワイトチョコでコーティングした粒が半分ずつ 価格は各種1296円(税込)。 今回は、ミルクとビターチョコの2種類でコーティングされたミックス味を食べてみました! 見た目は少し粒の小さい麦チョコですね。 色が薄い粒がミルクチョコで、やや濃い目な粒がビターチョコ。 瓶の蓋をあけると、濃厚なビターチョコの香りが広がります。 まずは、ミルクチョコから。 カカオニブには甘みはありませんが、ミルクチョコと合わさると、苦味7:甘味3の割合で甘さが逆にアクセント! 甘さが苦手な人でも食べやすい思います。 正直、これ、超好き。 しかも、ナッツのようなカカオニブの触感が楽しくて、気がつくとついポリポリ食べてしまうという…。 ビターチョコは、逆に甘みがほとんどなくカカオのしっかりとした味が楽しめます。 そして両方一緒に食べると口のなかはもう、カカオ天国!! ブラックコーヒーに良くあうので、コーヒー好きな人には喜ばれるのではないでしょうか。 意外にも、赤ワインやウィスキーといいたお酒にも合うという意見もありました。 スローウォーターカフェ オンラインサイト 体に優しいオーガニックチョコレートを送ろう 今回、ご紹介したオーガニックチョコレートは、渋谷ヒカリエにて2月14日まで出店しています。 体に優しくてほどよい甘さがちょうどいいオーガニックチョコを、ぜひお試しください!オーガニックな暮らしで健康でキレイに

Recommend!!こちらの記事もおすすめ