ビタミン豊富でお肌によいスーパーフード、カカオニブに夢中!

カカオニブは、カカオ豆から殻を取り除いて砕いたスーパーフード。

抗酸化作用のあるポリフェノールや、美肌によいとされるビタミンA・Cが豊富に含まれています。

私のカカオニブとの出会いは、表参道のオーガニックチョコレート屋さん。

通りすがりに立ち寄ったお店で店員さんにすすめられて購入し、すっかりハマっています♪

初心者におすすめ!本格派の人気おすすめカカオニブ

初めてカカオニブを購入する人向けに、こだわり製法で作られた人気のおすすめカカオニブをご紹介します。

1. フードネイチャー・プレミアムロー カカオニブ 240g


Amazon

スーパーフード・ローフードやベジタリアン向けの商品を展開するライフコレクション。

同社が取り扱うのが、クリオロ種と呼ばれる中南米産のローカカオニブ。

苦味が少なく、食べやすいのが特徴です。

こちらのカカオニブは低温加工で作られているため、通常のカカオマス(カカオニブを殺菌・焙煎したもの。

チョコレートやココアの原料に使われる)に比べて、約6割ほど多いポリフェノールが含まれています。

お肌を引き締めたり、若々しさを保つポリフェノールが豊富に含まれているのは嬉しいですね。

カカオニブは輸入品も多いですが、こちらの商品は日本の会社が取り扱っているため、パッケージも日本語で書かれているなど、その点でも安心です。

【商品情報】
【商品名】フードネイチャー・プレミアムロー カカオニブ
【価格】2,365円
【内容量】240g
【原産国名】ペルー

公式サイト

2.富澤商店 カカオニブ(有機栽培使用) / 500g

Amazon
製菓材料や食材の専門店として創業98年の歴史を持ち、全国チェーン展開も行う富澤商店。

ペルー産の有機栽培されたカカオニブを使用しているため、安心して食べることができます。

500gの大容量で保存も効くので、長く食べられるのも魅力です。

公式サイトのクチコミでも、「食感や香りがよい」と好評です。

「毎日少しずつ、定期的にカカオニブを食べたい」「自分だけでなく、家族と一緒に食べたい」という人におすすめです。

【商品情報】
【商品名】カカオニブ(有機栽培使用) / 500g
【価格】1,566円
【内容量】500g
【原産国名】ペルー

公式サイト

3. オーガニック ローカカオニブ 227g ナビタスナチュラルズ社

Amazon
ローフードやオーガニック食材を専門に扱う、カリフォルニア州発祥のナビタスナチュラルズ社。

こちらは、ペルー産の生のカカオ豆を砕いて作った、有機栽培のローカカオニブです。

厳選された原料から作られた商品を取り扱う同社。グルテン・フリー、ベジタリアン、ヴィーガン、ロー、コーシャー(ユダヤ教の戒律に適合したもの)の認定を受けた商品を取り扱っているため、原料や製法などに特にこだわりのある人におすすめのメーカーです。

その証拠にこちらの商品は、農産物などで一定の基準を満たした商品に与えられる「USDAオーガニック」に認定されています。

クチコミでも、「酸味や苦味がよい」「そのまま食べてもおいしい」と好評です。

【商品情報】
【商品名】オーガニック ローカカオニブ 227g ナビタスナチュラルズ社
【価格】2,800円
【内容量】227g
【原産国名】ペルー

公式サイト

カカオニブの香りはチョコレートに近い。味は素朴でやや苦め&渋め

カカオニブは、比較的粒が粗め。

ザクザク・ポリポリとした食感で、噛んでいるうちに、苦味やほんのりとした酸味が出てきます。

カカオ豆を砕いたものだけあって、カカオニブの香りはチョコレートそのもの。

少し、アーモンドのような風味も。

香りはチョコレートに近く、味はやや苦め・渋めで素朴。初めて食べる人は意外に感じるかもしれません。

カカオニブを購入したショップの店員さんは「カカオニブの味は人によって好みが分かれる」と話していました。

個人的には、確かに苦味は感じるものの、クセがなくて食べやすいと感じます。

スーパーフードは調理が必要だったり、食事で摂るものも多いですが、カカオニブは仕事中や小腹が空いた時、おやつ代わりにそのまま気軽に食べられるのも魅力です。

もちろん、そのまま食べる以外にも、ヨーグルトやアイスの上にかける、グラノーラに混ぜる、コーヒーやスムージーに混ぜる、クッキー生地に入れるなどの方法で、おいしく食べることができます。

yasuさん(@chibikuro.yasu)がシェアした投稿

カカオニブの原料はカカオ豆のみのため、チョコレートの糖分が気になる人は、代わりにカカオニブを食べるようにしても、ヘルシーで少量でも満足感があるため、良いと思います。

価格も~数千円程度と比較的リーズナブルで、一度買うと長持ちするのも嬉しいところ。

直射日光を避ければ常温でもOKなため、保存しやすいのも◎です。

自分好みのカカオニブを見つけてみよう

製法や使用するカカオ豆の種類などによっても、粒の大きさや風味などが異なるようなので、いくつか食べ比べて好みのカカオニブを見つけてみるのも良いですね。

「美肌を目指したい」「簡単に食べられるスーパーフードを試したい」という人は、ぜひカカオニブをお試し下さい♪

 

最新の情報をフォローする

https://motto-woman.com/wp/wp-content/uploads/Cocoa-pod-on-a-white-background-1024x721.jpghttps://motto-woman.com/wp/wp-content/uploads/Cocoa-pod-on-a-white-background-150x150.jpgYOSHIKOスーパーフードカカオニブビタミン豊富でお肌によいスーパーフード、カカオニブに夢中! カカオニブは、カカオ豆から殻を取り除いて砕いたスーパーフード。 抗酸化作用のあるポリフェノールや、美肌によいとされるビタミンA・Cが豊富に含まれています。 私のカカオニブとの出会いは、表参道のオーガニックチョコレート屋さん。 通りすがりに立ち寄ったお店で店員さんにすすめられて購入し、すっかりハマっています♪ 初心者におすすめ!本格派の人気おすすめカカオニブ 初めてカカオニブを購入する人向けに、こだわり製法で作られた人気のおすすめカカオニブをご紹介します。 1. フードネイチャー・プレミアムロー カカオニブ 240g Amazon スーパーフード・ローフードやベジタリアン向けの商品を展開するライフコレクション。 同社が取り扱うのが、クリオロ種と呼ばれる中南米産のローカカオニブ。 苦味が少なく、食べやすいのが特徴です。 こちらのカカオニブは低温加工で作られているため、通常のカカオマス(カカオニブを殺菌・焙煎したもの。 チョコレートやココアの原料に使われる)に比べて、約6割ほど多いポリフェノールが含まれています。 お肌を引き締めたり、若々しさを保つポリフェノールが豊富に含まれているのは嬉しいですね。 カカオニブは輸入品も多いですが、こちらの商品は日本の会社が取り扱っているため、パッケージも日本語で書かれているなど、その点でも安心です。 【商品情報】 【商品名】フードネイチャー・プレミアムロー カカオニブ 【価格】2,365円 【内容量】240g 【原産国名】ペルー 公式サイト 2.富澤商店 カカオニブ(有機栽培使用) / 500g Amazon 製菓材料や食材の専門店として創業98年の歴史を持ち、全国チェーン展開も行う富澤商店。 ペルー産の有機栽培されたカカオニブを使用しているため、安心して食べることができます。 500gの大容量で保存も効くので、長く食べられるのも魅力です。 公式サイトのクチコミでも、「食感や香りがよい」と好評です。 「毎日少しずつ、定期的にカカオニブを食べたい」「自分だけでなく、家族と一緒に食べたい」という人におすすめです。 【商品情報】 【商品名】カカオニブ(有機栽培使用) / 500g 【価格】1,566円 【内容量】500g 【原産国名】ペルー 公式サイト 3. オーガニック ローカカオニブ 227g ナビタスナチュラルズ社 Amazon ローフードやオーガニック食材を専門に扱う、カリフォルニア州発祥のナビタスナチュラルズ社。 こちらは、ペルー産の生のカカオ豆を砕いて作った、有機栽培のローカカオニブです。 厳選された原料から作られた商品を取り扱う同社。グルテン・フリー、ベジタリアン、ヴィーガン、ロー、コーシャー(ユダヤ教の戒律に適合したもの)の認定を受けた商品を取り扱っているため、原料や製法などに特にこだわりのある人におすすめのメーカーです。 その証拠にこちらの商品は、農産物などで一定の基準を満たした商品に与えられる「USDAオーガニック」に認定されています。 クチコミでも、「酸味や苦味がよい」「そのまま食べてもおいしい」と好評です。 【商品情報】 【商品名】オーガニック ローカカオニブ 227g ナビタスナチュラルズ社 【価格】2,800円 【内容量】227g 【原産国名】ペルー 公式サイト カカオニブの香りはチョコレートに近い。味は素朴でやや苦め&渋め カカオニブは、比較的粒が粗め。 ザクザク・ポリポリとした食感で、噛んでいるうちに、苦味やほんのりとした酸味が出てきます。 カカオ豆を砕いたものだけあって、カカオニブの香りはチョコレートそのもの。 少し、アーモンドのような風味も。 香りはチョコレートに近く、味はやや苦め・渋めで素朴。初めて食べる人は意外に感じるかもしれません。 カカオニブを購入したショップの店員さんは「カカオニブの味は人によって好みが分かれる」と話していました。 個人的には、確かに苦味は感じるものの、クセがなくて食べやすいと感じます。 スーパーフードは調理が必要だったり、食事で摂るものも多いですが、カカオニブは仕事中や小腹が空いた時、おやつ代わりにそのまま気軽に食べられるのも魅力です。 もちろん、そのまま食べる以外にも、ヨーグルトやアイスの上にかける、グラノーラに混ぜる、コーヒーやスムージーに混ぜる、クッキー生地に入れるなどの方法で、おいしく食べることができます。 yasuさん(@chibikuro.yasu)がシェアした投稿 - 2017 4月 22 6:29午前 PDT カカオニブの原料はカカオ豆のみのため、チョコレートの糖分が気になる人は、代わりにカカオニブを食べるようにしても、ヘルシーで少量でも満足感があるため、良いと思います。 価格も~数千円程度と比較的リーズナブルで、一度買うと長持ちするのも嬉しいところ。 直射日光を避ければ常温でもOKなため、保存しやすいのも◎です。 自分好みのカカオニブを見つけてみよう 製法や使用するカカオ豆の種類などによっても、粒の大きさや風味などが異なるようなので、いくつか食べ比べて好みのカカオニブを見つけてみるのも良いですね。 「美肌を目指したい」「簡単に食べられるスーパーフードを試したい」という人は、ぜひカカオニブをお試し下さい♪オーガニックな暮らしで自分らしく健康でキレイに