こんにちは。2018年も乾燥と闘うライターmamiです。

冒頭からファイターのようになりましたが……

冗談抜きで今の時期、乾燥ほど憎いヤツはいません。

寒いからエアコンをつけないわけにもいかない。

すると、そうでなくても北風に潤いを奪われつつある肌からハリが! 艶が! 失われ、代わりに小ジワが……(涙)

そんなワタシに後輩Mが 「オーガニックコスメいいですよ」と勧めてくれました。

敏感肌で 『キレイになりたくてもいろいろつけられない』と悩んでいた彼女。

最近なんだか潤ってるなと思っていたらコスメを全面的に見直したそうで……。

「オーガニックスコスメって肌にはやさしそうだけど、効果はユルメなのでは?」

ワタシの問いかけにもMは余裕の微笑み。

「え、そうじゃないの??」

俄然興味がわいてきた! というワケで……

今回は、オーガニックスコスメについての基礎知識や選び方、実際にトライアルセットを使用してみたレビューをお届けします。

そもそもオーガニックコスメって?

オーガニックコスメとは、化学肥料や農薬などの化学合成成分を使用せずに栽培された原料でつくられた化粧品のことです。

素材そのものの効能で、人が本来持つ“自然治癒力” を引き出して高め、肌をケアするメリットがあるといわれています。

「無添加」と間違われやすいですが、無添加化粧品というのは旧厚生省が指定したアレルギーを引き起こす可能性のある成分102種類を含まない化粧品のこと。

紛らわしいですが、「オーガニック」は原料の植物などに使われる言葉で、そこに後から防腐剤や着色料など添加物を製品に加えなければ「無添加」、加えれば無添加ではなくなるということです。

 

オーガニックスコスメの選び方

オーガニック認証

現在日本ではオーガニックコスメに対する法律がなく、オーガニックかどうかの判断はメーカー側に任されています。

極端な話、たとえオーガニック成分が0.0001%しか入っていなくても「オーガニックコスメ」とうたって販売することが出来てしまうのだとか。

なので見極め方が難しいところですが、商品によっては「オーガニックコスメ認証機関」から「オーガニック認証」が出されているので選ぶときの目安になります。

公式サイトをチェック

オーガニック認証はぜひ参考にして欲しいですが、ただ認証マークがないからといって、良くない、ニセモノと思えばいいかというとそれはNO!

第三者機関から審査、認証を受けるにはお金がかかります。

そういったコストを避け、商品開発やリーズナブルな値段での提供に力を注いでいるメーカーもあるからです。

認証がなくても、公式サイトにどんな基準でコスメを作っているかが詳細に載っていますので、販売店で買ってしまう前にチェックしてみてください。

 

「キャリーオーバー成分」という言葉をご存知でしょうか?

「キャリーオーバー成分」とは、原料自体または製品に含まれる表示義務のない成分のことです。

ビックリですが、アルコールや防腐剤などの化学成分が製品中に含まれていてもごく少量であれば、原材料として表示せずにメーカーは販売出来るのです。

つまり、化学成分が混入されていても無添加とうたうことが可能という実情!

良心的なメーカーはこういった点に配慮し、キャリーオーバー成分の表示や排除を基本とした製品作りに取り組んでいて、そんな情報もサイトでチェックできます。

トライアルを使ってみる

後輩Mは敏感肌だったと書きましたが、だからといってオーガニックならどれでも大丈夫と決めつけることはできません。

ワタシのように、オーガニック=肌にやさしい、というイメージを持っている方は多いと思いますが、中には相性の悪い成分がある可能性だってあります。

キャリーオーバー成分の全くない完全な有機栽培のローズエキスだったとしても、あなたの肌にローズエキスが合わない場合もあるわけです。

そうであれば、化学成分を排除するのと同じようにローズエキスを避けてコスメを選ばなくてはならないんです。

化学成分が必ずしも悪いわけでなく、製品の劣化を防いだり、雑菌の繁殖を抑えるなどの働きを担っていることも多いのです。

化学成分が絶対的に悪いという考えよりは、自分の肌がどんな成分が苦手で、どんなものが合うのかを知っていくということが大切になってきます。

ですので、オーガニックコスメを選ぶときは、オーガニック認証やサイトを確認の上、トライアルを試してみることをオススメします。

 

HANA organic

東洋医学の考え方を基本に、元々持っているターンオーバーの力を活性化させることを提案しているブランド。

水を一切使用していない化粧水フローラルドロップに最強の美肌水パワーが!

認証機関:明記なし(「フランスの国際的な認証団体の基準に基づき、一定量以上のオーガニック植物を使用」と記載)

トライアルセット【約7日間】:1.480円(税込み)(洗顔料、化粧水、乳液、美容オイル、日焼け止め)
【公式サイト】

 

ブルークレール

エイジングケアに注目し、オーガニックながら10歳若く見える肌をモットーに製品づくりをしている。

中でも美容液の効果は医学誌の論文にも掲載されるほど!

認証機関:明記なし

トライアルセット【約7日間】:1.463円(税抜)(内容は後述)

【公式サイト】

 

Jurlique(ジュリーク)

オーストラリアから生まれたブランド。

バイオダイナミック農法にこだわり、有機認可を受けた土壌から育てるハーブや花を厳選して製品に使用している。

認証機関:NASAA(全製品の一部原料)

トライアルセット(約5〜7日分):4.500円(税抜)(メイク落とし、洗顔料、化粧水、美容液、クリーム)

【公式サイト】

ほかにもたくさんの種類があって迷ってしまいますね。

 

ブルークレール(bleu clair)トライアルセットを使ってみた!

さて、ワタシはオーガニックコスメ人気NO.1(オーガニックコスメに関する調査統計研究所調べ)の ブルークレールトライアルセットを使ってみました!

迷いに迷ったのですが、なにより “オーガニックながら10歳若く見える肌をモットーに” という言葉に興味津々(笑)

中でも「ローズクリームリペアコンセントレート」は開発に10年を費やした奇跡のエイジングクリームなのだとか。

前述のキャリーオーバー成分の排除についても、きちんと表示してあって好感が持てました。

 

トライアルセット到着

トライアルセットをネットから注文したら、2、3日で届きました!

箱を開けただけで素敵なバラの香りがします。

可愛い巾着バッグも入っていましたよ。

し、しかし、なんて色んな種類があるんだろ……

普段、コレ1つでいい!みたいなクリームで済ませてるワタシは容器の量をみただけでちょっとゲンナリ。

でも試すと決めたんだからと気を取り直し、新年からはじめました〜

 

洗顔料


右側の「ローズクレンジング&マッサージオイル」でメイクを落とします。

顔を包み込むようにメイクをなじませながらマッサージ。

普段使っているクレンジングオイルと変わりない感触です。

次に左側の「ティーモイストソープ」をタップリ泡立てて洗い流します。

ソープは何となくアレッポの石けんに似ているなと感じました。(トライアルの大きさはミンティアぐらいです)

匂いはほとんどなく、泡立ちはかなり良いです。

つっぱらず、さっぱり。

それでいてしっとりした洗いあがり。

もうここでワタシ、「あれ、何かいいかも」と感じました。

 

保湿ケア



「リペアモイストWエッセンス」
(写真左)を顔全体に塗り広げます。


 

透明の少しトロッとした美容液です。

残った液は首やデコルテに。

手に肌がついてくるまでと書いてある通りに……

こういうのってよくCMで見るけど全然そうならないのよね〜とボヤく間もなく手に肌が吸いついてきてビックリ。

うっそ。

そのあと「ローズエステリッチローション」(写真右)を先につけた美容液と絡ませながら浸透させます。

ほのかなバラの香りが心地いいです。

最後に、奇跡のエイジングクリーム
「ローズクリームリペアコンセントレート」(写真中央)の登場です!

手のひらであたためてから塗るのですが、なんだかね、違います、いつもと。

肌に良いものが吸収されていく、入っていく雰囲気。

塗っても塗っても入らない感じだったワタシの肌が……うっそ(2乗)。

トライアルにはもうひとつ、同じような容器で(ちょい紛らわしい…)「ローズリバイタルエッセンスクリームS」がついてきます。

どちらかのクリームを使えばいいということですが、ワタシはこちらは少しベタつくように感じました。

 

スペシャルケア

上記スリーステップに加えてのスペシャルケアとして、「ローズヒップトリートメントオイル」

こちら、ピンクのカプセルの下部をネジを回すようにひねるとオイルが出てきます。

それを手のひらであたためて顔全体に……。

毎晩一粒ずつつけると、ハリ、ツヤが育まれていくそうです。

ちょっとベタベタします。

 

日中ケア

「UVラグジュアリーデイクリームⅡ」(写真右)はSPF23で下地にもなります。

やわらかくてフワッとしたクリーム。

 

仕上げ用のパウダーは何だか使いづらかったです。

ご覧の通り、綿棒と比べてもこんな小さいビニールに入っており……

苦労してスポンジで塗ってみましたが、あちこちこぼれたあげく、「ちょっと白くなったかな?」くらいで、パンフレットにあるような滑らかさはないです。

 

「ローズバーム」は日中、乾いたかな? と思ったときに、目もと、唇、指先、ひじやひざ、髪にまで塗れる優れもの。

可愛いピンクで気持ちもあがります。

スパチュラもついてきます。

ミンティアと並べてこの大きさですが、固めなので案外長持ちしそうな印象。

 

トライアルセットを試した結果……!

自分でも驚いているのですが、3日で肌が変わってきました。

ワタシの場合、ここ数ヶ月に渡りいい加減なスキンケアをしていた(ほぼオールインワンゲル)のも大きな要因かとは思いますが……

使用5日目現在、しょっちゅう触れてみたくなるほど “しっとり” しています。

しっとりだけなら、ちょっといいクリームやパックを続けたときに感じたことがあるのですが、一番びっくりしているのが ……“ハリ” です!

疲れると顔色が悪くなりツヤもなくなる肌にピーンと(まではいかないにしても)した感じが出てきたのです。

そしてここ数年の懸案事項であるほうれい線がなんとな〜く薄くなってきたような……

 

調べてみて、オーガニックコスメは正直お高いなという印象は持ちました。

またブルークレール以外は分かりませんが、パンフレットの内容が詳しすぎて文字数が多いのにはゲンナリ。

毎日使うコスメの種類や数も、なるべくなら「コレ1本」で済ませたいワタシのようなモノグサ人間には多すぎです。

でも、それでも!

少しのあいだ続けてみようかなあ、と思うほど短期間で効果がありました。

もちろん合う合わないの個人差はあると思いますが、年齢肌が気になっていらっしゃる方には手軽なトライアルで “極上のエイジングケア体験” かなりオススメです〜!

 

 

 

Follow me!!

最新の情報をフォローする

Twitter でmottohbをフォローしよう!

https://motto-woman.com/wp/wp-content/uploads/e9b0d82feb973845db3838f807187a69-1024x768.jpeghttps://motto-woman.com/wp/wp-content/uploads/e9b0d82feb973845db3838f807187a69-150x150.jpegmamiお手入れするスキンケアblue clair,オーガニックスキンケア,ブルークレールこんにちは。2018年も乾燥と闘うライターmamiです。 冒頭からファイターのようになりましたが…… 冗談抜きで今の時期、乾燥ほど憎いヤツはいません。 寒いからエアコンをつけないわけにもいかない。 すると、そうでなくても北風に潤いを奪われつつある肌からハリが! 艶が! 失われ、代わりに小ジワが……(涙) そんなワタシに後輩Mが 「オーガニックコスメいいですよ」と勧めてくれました。 敏感肌で 『キレイになりたくてもいろいろつけられない』と悩んでいた彼女。 最近なんだか潤ってるなと思っていたらコスメを全面的に見直したそうで……。 「オーガニックスコスメって肌にはやさしそうだけど、効果はユルメなのでは?」 ワタシの問いかけにもMは余裕の微笑み。 「え、そうじゃないの??」 俄然興味がわいてきた! というワケで…… 今回は、オーガニックスコスメについての基礎知識や選び方、実際にトライアルセットを使用してみたレビューをお届けします。 そもそもオーガニックコスメって? オーガニックコスメとは、化学肥料や農薬などの化学合成成分を使用せずに栽培された原料でつくられた化粧品のことです。 素材そのものの効能で、人が本来持つ“自然治癒力” を引き出して高め、肌をケアするメリットがあるといわれています。 「無添加」と間違われやすいですが、無添加化粧品というのは旧厚生省が指定したアレルギーを引き起こす可能性のある成分102種類を含まない化粧品のこと。 紛らわしいですが、「オーガニック」は原料の植物などに使われる言葉で、そこに後から防腐剤や着色料など添加物を製品に加えなければ「無添加」、加えれば無添加ではなくなるということです。   オーガニックスコスメの選び方 オーガニック認証 現在日本ではオーガニックコスメに対する法律がなく、オーガニックかどうかの判断はメーカー側に任されています。 極端な話、たとえオーガニック成分が0.0001%しか入っていなくても「オーガニックコスメ」とうたって販売することが出来てしまうのだとか。 なので見極め方が難しいところですが、商品によっては「オーガニックコスメ認証機関」から「オーガニック認証」が出されているので選ぶときの目安になります。 公式サイトをチェック オーガニック認証はぜひ参考にして欲しいですが、ただ認証マークがないからといって、良くない、ニセモノと思えばいいかというとそれはNO! 第三者機関から審査、認証を受けるにはお金がかかります。 そういったコストを避け、商品開発やリーズナブルな値段での提供に力を注いでいるメーカーもあるからです。 認証がなくても、公式サイトにどんな基準でコスメを作っているかが詳細に載っていますので、販売店で買ってしまう前にチェックしてみてください。   「キャリーオーバー成分」という言葉をご存知でしょうか? 「キャリーオーバー成分」とは、原料自体または製品に含まれる表示義務のない成分のことです。 ビックリですが、アルコールや防腐剤などの化学成分が製品中に含まれていてもごく少量であれば、原材料として表示せずにメーカーは販売出来るのです。 つまり、化学成分が混入されていても無添加とうたうことが可能という実情! 良心的なメーカーはこういった点に配慮し、キャリーオーバー成分の表示や排除を基本とした製品作りに取り組んでいて、そんな情報もサイトでチェックできます。 トライアルを使ってみる 後輩Mは敏感肌だったと書きましたが、だからといってオーガニックならどれでも大丈夫と決めつけることはできません。 ワタシのように、オーガニック=肌にやさしい、というイメージを持っている方は多いと思いますが、中には相性の悪い成分がある可能性だってあります。 キャリーオーバー成分の全くない完全な有機栽培のローズエキスだったとしても、あなたの肌にローズエキスが合わない場合もあるわけです。 そうであれば、化学成分を排除するのと同じようにローズエキスを避けてコスメを選ばなくてはならないんです。 化学成分が必ずしも悪いわけでなく、製品の劣化を防いだり、雑菌の繁殖を抑えるなどの働きを担っていることも多いのです。 化学成分が絶対的に悪いという考えよりは、自分の肌がどんな成分が苦手で、どんなものが合うのかを知っていくということが大切になってきます。 ですので、オーガニックコスメを選ぶときは、オーガニック認証やサイトを確認の上、トライアルを試してみることをオススメします。   HANA organic hana organic 東洋医学の考え方を基本に、元々持っているターンオーバーの力を活性化させることを提案しているブランド。 水を一切使用していない化粧水フローラルドロップに最強の美肌水パワーが! 認証機関:明記なし(「フランスの国際的な認証団体の基準に基づき、一定量以上のオーガニック植物を使用」と記載) トライアルセット【約7日間】:1.480円(税込み)(洗顔料、化粧水、乳液、美容オイル、日焼け止め) 【公式サイト】   ブルークレール https://www.blcl.jp/ エイジングケアに注目し、オーガニックながら10歳若く見える肌をモットーに製品づくりをしている。 中でも美容液の効果は医学誌の論文にも掲載されるほど! 認証機関:明記なし トライアルセット【約7日間】:1.463円(税抜)(内容は後述) 【公式サイト】   Jurlique(ジュリーク) Jurlique オーストラリアから生まれたブランド。 バイオダイナミック農法にこだわり、有機認可を受けた土壌から育てるハーブや花を厳選して製品に使用している。 認証機関:NASAA(全製品の一部原料) トライアルセット(約5〜7日分):4.500円(税抜)(メイク落とし、洗顔料、化粧水、美容液、クリーム) 【公式サイト】 ほかにもたくさんの種類があって迷ってしまいますね。   ブルークレール(bleu clair)トライアルセットを使ってみた! さて、ワタシはオーガニックコスメ人気NO.1(オーガニックコスメに関する調査統計研究所調べ)の ブルークレールトライアルセットを使ってみました! 迷いに迷ったのですが、なにより “オーガニックながら10歳若く見える肌をモットーに” という言葉に興味津々(笑) 中でも「ローズクリームリペアコンセントレート」は開発に10年を費やした奇跡のエイジングクリームなのだとか。 前述のキャリーオーバー成分の排除についても、きちんと表示してあって好感が持てました。   トライアルセット到着 トライアルセットをネットから注文したら、2、3日で届きました! 箱を開けただけで素敵なバラの香りがします。 可愛い巾着バッグも入っていましたよ。 し、しかし、なんて色んな種類があるんだろ…… 普段、コレ1つでいい!みたいなクリームで済ませてるワタシは容器の量をみただけでちょっとゲンナリ。 でも試すと決めたんだからと気を取り直し、新年からはじめました〜   洗顔料 右側の「ローズクレンジング&マッサージオイル」でメイクを落とします。 顔を包み込むようにメイクをなじませながらマッサージ。 普段使っているクレンジングオイルと変わりない感触です。 次に左側の「ティーモイストソープ」をタップリ泡立てて洗い流します。 ソープは何となくアレッポの石けんに似ているなと感じました。(トライアルの大きさはミンティアぐらいです) 匂いはほとんどなく、泡立ちはかなり良いです。 つっぱらず、さっぱり。 それでいてしっとりした洗いあがり。 もうここでワタシ、「あれ、何かいいかも」と感じました。   保湿ケア 「リペアモイストWエッセンス」(写真左)を顔全体に塗り広げます。   透明の少しトロッとした美容液です。 残った液は首やデコルテに。 手に肌がついてくるまでと書いてある通りに…… こういうのってよくCMで見るけど全然そうならないのよね〜とボヤく間もなく手に肌が吸いついてきてビックリ。 うっそ。 そのあと「ローズエステリッチローション」(写真右)を先につけた美容液と絡ませながら浸透させます。 ほのかなバラの香りが心地いいです。 最後に、奇跡のエイジングクリーム 「ローズクリームリペアコンセントレート」(写真中央)の登場です! 手のひらであたためてから塗るのですが、なんだかね、違います、いつもと。 肌に良いものが吸収されていく、入っていく雰囲気。 塗っても塗っても入らない感じだったワタシの肌が……うっそ(2乗)。 トライアルにはもうひとつ、同じような容器で(ちょい紛らわしい…)「ローズリバイタルエッセンスクリームS」がついてきます。 どちらかのクリームを使えばいいということですが、ワタシはこちらは少しベタつくように感じました。   スペシャルケア 上記スリーステップに加えてのスペシャルケアとして、「ローズヒップトリートメントオイル」。 こちら、ピンクのカプセルの下部をネジを回すようにひねるとオイルが出てきます。 それを手のひらであたためて顔全体に……。 毎晩一粒ずつつけると、ハリ、ツヤが育まれていくそうです。 ちょっとベタベタします。   日中ケア 「UVラグジュアリーデイクリームⅡ」(写真右)はSPF23で下地にもなります。 やわらかくてフワッとしたクリーム。   仕上げ用のパウダーは何だか使いづらかったです。 ご覧の通り、綿棒と比べてもこんな小さいビニールに入っており…… 苦労してスポンジで塗ってみましたが、あちこちこぼれたあげく、「ちょっと白くなったかな?」くらいで、パンフレットにあるような滑らかさはないです。   「ローズバーム」は日中、乾いたかな? と思ったときに、目もと、唇、指先、ひじやひざ、髪にまで塗れる優れもの。 可愛いピンクで気持ちもあがります。 スパチュラもついてきます。 ミンティアと並べてこの大きさですが、固めなので案外長持ちしそうな印象。   トライアルセットを試した結果……! 自分でも驚いているのですが、3日で肌が変わってきました。 ワタシの場合、ここ数ヶ月に渡りいい加減なスキンケアをしていた(ほぼオールインワンゲル)のも大きな要因かとは思いますが…… 使用5日目現在、しょっちゅう触れてみたくなるほど “しっとり” しています。 しっとりだけなら、ちょっといいクリームやパックを続けたときに感じたことがあるのですが、一番びっくりしているのが ……“ハリ” です! 疲れると顔色が悪くなりツヤもなくなる肌にピーンと(まではいかないにしても)した感じが出てきたのです。 そしてここ数年の懸案事項であるほうれい線がなんとな〜く薄くなってきたような……   調べてみて、オーガニックコスメは正直お高いなという印象は持ちました。 またブルークレール以外は分かりませんが、パンフレットの内容が詳しすぎて文字数が多いのにはゲンナリ。 毎日使うコスメの種類や数も、なるべくなら「コレ1本」で済ませたいワタシのようなモノグサ人間には多すぎです。 でも、それでも! 少しのあいだ続けてみようかなあ、と思うほど短期間で効果がありました。 もちろん合う合わないの個人差はあると思いますが、年齢肌が気になっていらっしゃる方には手軽なトライアルで “極上のエイジングケア体験” かなりオススメです〜!    オーガニックな暮らしで私らしく健康でキレイに

Recommend!!こちらの記事もおすすめ