はじめまして、近ごろ健康な食事に目覚め始めたライターのAnn*です!

最近、生野菜と果物をミキサーにかけてスムージーを飲むことがあるのですが、
何しろ準備と片付けが面倒で……。

もう少し手軽に野菜の栄養をとれないものかと思っていたときに
ふと「ユーグレナ」の存在を思い出しました。

そこで、今回は、最近耳にする機会が多いけれども、
詳しいことは謎に包まれた「ユーグレナ」について調べてみたいと思います。

ユーグレナとは

そもそも、ユーグレナってなんのことなのかご存知でしょうか?

実は、皆さんが昔理科の教科書でみたことのある生き物、ミドリムシの学名なんです。

ミドリムシはその名にムシと入っているので昆虫の仲間? と思われがちですが、彼らは昆布やワカメの仲間で藻の一種、微生物に分類されます。

直径は0.05ミリととても小さく、私たちの髪が直径0.07ミリといわれているため、それよりももっと小さい生き物なんです。

彼らは動物と植物両方の特質をもつ大変珍しい生物であり、地球上で唯一の存在と言われているそうです。

葉緑体を持っているので光合成ができ、かつ細胞を変形させて移動が可能。
さらには鞭毛という糸状の突起を使って動き回ることができるそうです!

植物や動物に多くの同種類があるように、微生物であるミドリムシにもたくさんの種類がいて、なんと100種類以上もいるそうです。

数あるミドリムシのなかでも、とりわけ栄養価が高いものが「ユーグレナグラシリス」という種類です。

現在、”ユーグレナ”、”ミドリムシ”と表記されているものは、この「ユーグレナグラシリス」だと考えていいようです。

ユーグレナの歴史

1660年代にオランダでその存在が発見されて以来、その光合成能力と栄養価の高さはかねてから注目されていました。

1970年代にはアメリカ航空宇宙局(NASA)も宇宙開発のさいに活用しようと大量培養を試みましたが、成功できずにいました。

そんななか、2005年に日本の企業が世界で初めて食用としての屋外大量培養に成功し、さらにサプリ等に活用できる乾燥微粉末の食品化にも成功しました。

これをきっかけにユーグレナを扱ったたくさんの商品が生み出され、私たちにとって身近な存在となってきたのです。

ユーグレナの魅力1 豊富な栄養素

ユーグレナは、なんと野菜、魚、肉にある59種類もの栄養素を含んでいます。

私たちが生きていくうえで必要なタンパク質、ミネラル、ビタミンなどの栄養がほとんどを入っているといっても過言ではないほど。

日々の食生活のなかで、59種類の栄養素をバランスよく摂取するのはなかなか難しいと思いますので、ぜひ上手に食事に取り入れていけたらいいですよね。

下記が59種類の栄養素一覧です。

14種類のビタミン

A(α-カロテン、β-カロテン)、B1、B2、B6、B12、C、D、E、K
葉酸、パントテン酸、ナイアシン、ビオチン

9種類のミネラル

カルシウム、マグネシウム、ナトリウム、カリウム、亜鉛、鉄、銅、マンガン

18種類のアミノ酸

バリン、ロイシン、イソロイシン、リジン、スレオニン、メチオニン、フェニルアラニン、ヒスチジン
トリプトファン、アラニン、アルギニン、アスパラギン、グルタミン、プロリン、チロシン
グリシン、セリン

11種類の不飽和脂肪酸

DHA,EPA,リノール酸、リノレン酸、オレイン酸、ジホモγ-リノレン酸
パルミトレイン酸、エイコサジエン酸、アラキドン酸、ドコサテトラエン酸、ドコサペンタエン酸

7種類の特殊成分

パラミロン(β-グルカン)、クロロフィル、ルテイン、ゼアキサンチン、GABA、スペルミジン、
プトレッシン

ユーグレナの魅力2 高い栄養の吸収率

ユーグレナの良い点は、野菜と同じようにビタミンやミネラルを豊富に含んでいるにも関わらず、動物的性質も持っているため、野菜が持っている「細胞壁」というものがありません。

細胞壁とはは野菜を覆っている栄養の壁のようなもので、これがあるために、私たちは野菜から栄養を40%ほどしか吸収出来ません。

しかし、ユーグレナにはこの「細胞壁」がないため、驚くことに栄養の90%以上を吸収することが出来るそうです。

栄養価も高く、吸収率も高いという、いいことづくしなんです!

ユーグレナの魅力3 特殊成分の多様な健康効果

ユーグレナに含まれる特殊成分のひとつに「パラミロン」があります。

この成分は地球上でユーグレナしか持っていない成分と言われており、
さまざまな健康効果が期待されている注目の成分のひとつなんです!

1.生活習慣病の予防

パラミロンの表面や内部には多数の穴(ミクロホール)があいており、そこからコレステロール等の脂肪成分を取り込み、体外に排出してくれるというデトックス作用があります。

つまり、脱臭炭のようなものだと考えて頂ければわかりやすいかと思います。

炭も表面に多数の溝があり、そこに空気中の臭いを吸い込むことで消臭効果があるとされています。

2.免疫バランスを整えることによる疾患予防

人体にパラミロンを8週間にわたって継続摂取させたところ、風邪などの疾患にかかりにくい体が作られるという研究結果が出ているそうです。

3.通風予防

ビール等に含まれており、通風の原因と言われているプリン体が体内に吸収されるのを防いでくれる作用もあると言われています。

青汁と緑汁を飲みくらべる

ユーグレナがかなり健康効果の高いものであることがわかったところで、実際に商品がどんなものなのか試してみることにしました。

いまやユーグレナ商品は粉末飲料、サプリ、クッキーなど、いろんな食品が販売されていますが、今回は、その中でも一番人気のユーグレナ社の「緑汁」(粉末飲料)を試してみたいと思います。1Weekお試しセット 463円(税抜)送料別途 1包3.5gがあるので、手軽にお試しができました。

注文してから数日後、メール便で投函されてきました!

緑汁7包のほかに、ユーグレナについてかかれた冊子やクーポン券が一緒に届きました。

IMG_6068

IMG_6062

送られてきた冊子や緑汁の入ったパッケージなどがシンプルでどこか優しいデザインで、飲む前からなんだか好印象でした。

ユーグレナ社の「緑汁」見た目だけみると、青汁のようにも見えます。
具体的には、どのような違いがあるのでしょうか。

そこで、マルマン社のあしたば青汁も一緒に飲んでみて、飲みくらべをしてみました!

ちなみに、こちらは 1パック5包 500円(税抜)送料別途 1包3g でお試し商品を購入しました。

『見た目』

それぞれ粉末を出してみました。

aojiru-euglena1

色味はあしたば青汁のほうが少し濃い緑でした。

画像は「緑汁」のほうです。

『香り』

どちらも葉特有の青臭さはありますが、、あしたば青汁のほうが匂い強めです。

緑汁のほうは原材料にイソマルトオリゴ糖粉あめ、香料が入っているためか、そこまで青臭くなく、ほのかに甘い香りがします。

あしたば青汁のほうは原材料が明日葉と大麦若葉、ケール、デキストリンのみなので、
甘い香りは一切ありません。

『溶けやすさ』

どちらも水に入れてかき混ぜてもダマにならずにすぐ溶けました。

aojiru-euglena3

『味』

あしたば青汁は葉っぱ特有の苦みというかえぐみがあり、個人的には水で飲むには1口が限界でした……。

緑汁はほのかに甘みがあり、青汁よりは抹茶の粉末に近く、飲みやすかったです。

抹茶のような味が苦手な方は、ハチミツと牛乳を加えると抹茶ミルクのようになり、
飲みやすいと思います。

aojiru-euglena2

以下、飲みくらべた内容を表にしました。

あしたば青汁 緑汁
色味 緑汁より少し濃い緑色 抹茶のような緑色
香り 葉っぱ特有の青臭さが強い

抹茶のような香り

若干の甘い香り

溶けやすさ どちらも冷水100mlにすぐ溶けた

時間が経過するとまた粉末が沈殿する

青菜特有のえぐみ、苦みが強い

抹茶のような味が近い

ほんのり甘みを感じる

苦みえぐみはない

内容量 3g×30包 3.5g×31包 
価格 2800円(税抜) 送料一律540円

定期購入3780円(税抜)     送料無料

単品購入4200円(税抜)  送料一律500円

原材料 明日葉と大麦若葉、ケール、デキストリン

有機大麦若葉末、ユーグレナグラシリス、

有機明日葉粉末、イヌリン(食物繊維)、

イソマルトオリゴ糖粉あめ、クロレラ、

酵母エキス、香料

まとめ

飲みくらべの結果は、個人的に「緑汁」が圧倒的に飲みやすかったです。

青汁ほど味や香りにクセがないので、アレンジがしやすく、飲み続けやすそうだな、という印象も持ちました。
ですが、ユーグレナに含まれる栄養素のうちビタミンCなどは熱に弱く、80℃ほどの加熱で1~2割程度が壊れてしまうと言われています。

ですので、アレンジする場合は過度な加熱を避け、あたためても60℃くらいまでにしたほうがよさそうです。

ユーグレナ社のHPにはいろんなアレンジレシピがあったので、参考にしてみてください。

白米に混ぜたり、団子に混ぜたり、ケーキやクッキーの生地に練り込んだり…。

思いもよらないレシピがたくさんあり、楽しみながら作っていけそうですね。野菜や魚が足りていない、食事が偏りがち、栄養バランスが心配。

疲れやストレスが溜まっている感じがして、スッキリしない。そんな方達はぜひ、ユーグレナを日々の食生活に取り入れてみてください!

毎日欠かさず、同じタイミングに飲み続けることで、きっと体のいい変化に気づけるはずです。

今回試した商品はこちら

ユーグレナ・ファーム緑汁

euglena-midorijiru

1Weekお試しセット 463円(税抜)送料別途 1包3.5g
※冊子と500円のクーポン券が同封されています。

公式サイトを見る

あしたば青汁

ashitaba

1パック5包 500円(税抜)送料別途 1包3g

公式サイトを見る

 

Follow me!!

最新の情報をフォローする

Twitter でmottohbをフォローしよう!

https://motto-woman.com/wp/wp-content/uploads/euglena-midorijiru.pnghttps://motto-woman.com/wp/wp-content/uploads/euglena-midorijiru-150x150.pngAnn*食品ユーグレナはじめまして、近ごろ健康な食事に目覚め始めたライターのAnn*です! 最近、生野菜と果物をミキサーにかけてスムージーを飲むことがあるのですが、 何しろ準備と片付けが面倒で……。 もう少し手軽に野菜の栄養をとれないものかと思っていたときに ふと「ユーグレナ」の存在を思い出しました。 そこで、今回は、最近耳にする機会が多いけれども、 詳しいことは謎に包まれた「ユーグレナ」について調べてみたいと思います。 ユーグレナとは そもそも、ユーグレナってなんのことなのかご存知でしょうか? 実は、皆さんが昔理科の教科書でみたことのある生き物、ミドリムシの学名なんです。 ミドリムシはその名にムシと入っているので昆虫の仲間? と思われがちですが、彼らは昆布やワカメの仲間で藻の一種、微生物に分類されます。 直径は0.05ミリととても小さく、私たちの髪が直径0.07ミリといわれているため、それよりももっと小さい生き物なんです。 彼らは動物と植物両方の特質をもつ大変珍しい生物であり、地球上で唯一の存在と言われているそうです。 葉緑体を持っているので光合成ができ、かつ細胞を変形させて移動が可能。 さらには鞭毛という糸状の突起を使って動き回ることができるそうです! 植物や動物に多くの同種類があるように、微生物であるミドリムシにもたくさんの種類がいて、なんと100種類以上もいるそうです。 数あるミドリムシのなかでも、とりわけ栄養価が高いものが「ユーグレナグラシリス」という種類です。 現在、”ユーグレナ”、”ミドリムシ”と表記されているものは、この「ユーグレナグラシリス」だと考えていいようです。 ユーグレナの歴史 1660年代にオランダでその存在が発見されて以来、その光合成能力と栄養価の高さはかねてから注目されていました。 1970年代にはアメリカ航空宇宙局(NASA)も宇宙開発のさいに活用しようと大量培養を試みましたが、成功できずにいました。 そんななか、2005年に日本の企業が世界で初めて食用としての屋外大量培養に成功し、さらにサプリ等に活用できる乾燥微粉末の食品化にも成功しました。 これをきっかけにユーグレナを扱ったたくさんの商品が生み出され、私たちにとって身近な存在となってきたのです。 ユーグレナの魅力1 豊富な栄養素 ユーグレナは、なんと野菜、魚、肉にある59種類もの栄養素を含んでいます。 私たちが生きていくうえで必要なタンパク質、ミネラル、ビタミンなどの栄養がほとんどを入っているといっても過言ではないほど。 日々の食生活のなかで、59種類の栄養素をバランスよく摂取するのはなかなか難しいと思いますので、ぜひ上手に食事に取り入れていけたらいいですよね。 下記が59種類の栄養素一覧です。 14種類のビタミン A(α-カロテン、β-カロテン)、B1、B2、B6、B12、C、D、E、K 葉酸、パントテン酸、ナイアシン、ビオチン 9種類のミネラル カルシウム、マグネシウム、ナトリウム、カリウム、亜鉛、鉄、銅、マンガン 18種類のアミノ酸 バリン、ロイシン、イソロイシン、リジン、スレオニン、メチオニン、フェニルアラニン、ヒスチジン トリプトファン、アラニン、アルギニン、アスパラギン、グルタミン、プロリン、チロシン グリシン、セリン 11種類の不飽和脂肪酸 DHA,EPA,リノール酸、リノレン酸、オレイン酸、ジホモγ-リノレン酸 パルミトレイン酸、エイコサジエン酸、アラキドン酸、ドコサテトラエン酸、ドコサペンタエン酸 7種類の特殊成分 パラミロン(β-グルカン)、クロロフィル、ルテイン、ゼアキサンチン、GABA、スペルミジン、 プトレッシン ユーグレナの魅力2 高い栄養の吸収率 ユーグレナの良い点は、野菜と同じようにビタミンやミネラルを豊富に含んでいるにも関わらず、動物的性質も持っているため、野菜が持っている「細胞壁」というものがありません。 細胞壁とはは野菜を覆っている栄養の壁のようなもので、これがあるために、私たちは野菜から栄養を40%ほどしか吸収出来ません。 しかし、ユーグレナにはこの「細胞壁」がないため、驚くことに栄養の90%以上を吸収することが出来るそうです。 栄養価も高く、吸収率も高いという、いいことづくしなんです! ユーグレナの魅力3 特殊成分の多様な健康効果 ユーグレナに含まれる特殊成分のひとつに「パラミロン」があります。 この成分は地球上でユーグレナしか持っていない成分と言われており、 さまざまな健康効果が期待されている注目の成分のひとつなんです! 1.生活習慣病の予防 パラミロンの表面や内部には多数の穴(ミクロホール)があいており、そこからコレステロール等の脂肪成分を取り込み、体外に排出してくれるというデトックス作用があります。 つまり、脱臭炭のようなものだと考えて頂ければわかりやすいかと思います。 炭も表面に多数の溝があり、そこに空気中の臭いを吸い込むことで消臭効果があるとされています。 2.免疫バランスを整えることによる疾患予防 人体にパラミロンを8週間にわたって継続摂取させたところ、風邪などの疾患にかかりにくい体が作られるという研究結果が出ているそうです。 3.通風予防 ビール等に含まれており、通風の原因と言われているプリン体が体内に吸収されるのを防いでくれる作用もあると言われています。 青汁と緑汁を飲みくらべる ユーグレナがかなり健康効果の高いものであることがわかったところで、実際に商品がどんなものなのか試してみることにしました。 いまやユーグレナ商品は粉末飲料、サプリ、クッキーなど、いろんな食品が販売されていますが、今回は、その中でも一番人気のユーグレナ社の「緑汁」(粉末飲料)を試してみたいと思います。1Weekお試しセット 463円(税抜)送料別途 1包3.5gがあるので、手軽にお試しができました。 注文してから数日後、メール便で投函されてきました! 緑汁7包のほかに、ユーグレナについてかかれた冊子やクーポン券が一緒に届きました。 送られてきた冊子や緑汁の入ったパッケージなどがシンプルでどこか優しいデザインで、飲む前からなんだか好印象でした。 ユーグレナ社の「緑汁」見た目だけみると、青汁のようにも見えます。 具体的には、どのような違いがあるのでしょうか。 そこで、マルマン社のあしたば青汁も一緒に飲んでみて、飲みくらべをしてみました! ちなみに、こちらは 1パック5包 500円(税抜)送料別途 1包3g でお試し商品を購入しました。 『見た目』 それぞれ粉末を出してみました。 色味はあしたば青汁のほうが少し濃い緑でした。 画像は「緑汁」のほうです。 『香り』 どちらも葉特有の青臭さはありますが、、あしたば青汁のほうが匂い強めです。 緑汁のほうは原材料にイソマルトオリゴ糖粉あめ、香料が入っているためか、そこまで青臭くなく、ほのかに甘い香りがします。 あしたば青汁のほうは原材料が明日葉と大麦若葉、ケール、デキストリンのみなので、 甘い香りは一切ありません。 『溶けやすさ』 どちらも水に入れてかき混ぜてもダマにならずにすぐ溶けました。 『味』 あしたば青汁は葉っぱ特有の苦みというかえぐみがあり、個人的には水で飲むには1口が限界でした……。 緑汁はほのかに甘みがあり、青汁よりは抹茶の粉末に近く、飲みやすかったです。 抹茶のような味が苦手な方は、ハチミツと牛乳を加えると抹茶ミルクのようになり、 飲みやすいと思います。 以下、飲みくらべた内容を表にしました。 あしたば青汁 緑汁 色味 緑汁より少し濃い緑色 抹茶のような緑色 香り 葉っぱ特有の青臭さが強い 抹茶のような香り 若干の甘い香り 溶けやすさ どちらも冷水100mlにすぐ溶けた 時間が経過するとまた粉末が沈殿する 味 青菜特有のえぐみ、苦みが強い 抹茶のような味が近い ほんのり甘みを感じる 苦みえぐみはない 内容量 3g×30包 3.5g×31包  価格 2800円(税抜) 送料一律540円 定期購入3780円(税抜)     送料無料 単品購入4200円(税抜)  送料一律500円 原材料 明日葉と大麦若葉、ケール、デキストリン 有機大麦若葉末、ユーグレナグラシリス、 有機明日葉粉末、イヌリン(食物繊維)、 イソマルトオリゴ糖粉あめ、クロレラ、 酵母エキス、香料 まとめ 飲みくらべの結果は、個人的に「緑汁」が圧倒的に飲みやすかったです。 青汁ほど味や香りにクセがないので、アレンジがしやすく、飲み続けやすそうだな、という印象も持ちました。 ですが、ユーグレナに含まれる栄養素のうちビタミンCなどは熱に弱く、80℃ほどの加熱で1~2割程度が壊れてしまうと言われています。 ですので、アレンジする場合は過度な加熱を避け、あたためても60℃くらいまでにしたほうがよさそうです。 ユーグレナ社のHPにはいろんなアレンジレシピがあったので、参考にしてみてください。 白米に混ぜたり、団子に混ぜたり、ケーキやクッキーの生地に練り込んだり...。 思いもよらないレシピがたくさんあり、楽しみながら作っていけそうですね。野菜や魚が足りていない、食事が偏りがち、栄養バランスが心配。 疲れやストレスが溜まっている感じがして、スッキリしない。そんな方達はぜひ、ユーグレナを日々の食生活に取り入れてみてください! 毎日欠かさず、同じタイミングに飲み続けることで、きっと体のいい変化に気づけるはずです。 今回試した商品はこちら ユーグレナ・ファーム緑汁 1Weekお試しセット 463円(税抜)送料別途 1包3.5g ※冊子と500円のクーポン券が同封されています。 公式サイトを見る あしたば青汁 1パック5包 500円(税抜)送料別途 1包3g 公式サイトを見るオーガニックな暮らしで私らしく健康でキレイに

Recommend!!こちらの記事もおすすめ