こんにちは。ライターmamiです。

待ちに待った春が来た! と思ったら、そろそろ汗のニオイも気になる季節……

皆さんはどんなデオドラントを使っていますか〜?

消臭、殺菌、そして制汗効果も欲しいけれど、香りが強すぎたり、化学成分の多いものは身体への影響が気になるところです。

そこで、“自然や人体にやさしいオーガニックのデオドラントにはどのようなものがあるか? ”

製品や特徴を調べてみました。

これからの汗ばむ季節、ぜひ参考にしていただけたらと思います〜。

 

オーガニックや自然由来のものではないデオドラントは何が恐いの?

シュッとひと吹き、もしくはサーッとひと塗りなんだから、そこまでオーガニックにこだわらなくても……という方もいると思います。(実際私もそうでしたが)

でも、調べてみると一般的なデオドラントは、化学成分が配合されている製品がほとんどです。

強い殺菌能力や、制汗作用がしっかりあればあるほど、強い成分が使用されており、皮膚トラブルや何らかの副作用の危険があるのです。

一般のデオドラントに配合されがちな成分を具体的に挙げると……

 

アルミニウム

デオドラント製品にアルミニウムを配合すると、汗腺をふさぎ、汗やニオイが抑えられます。

けれども、汗腺をふさぐと体温調節に支障をきたすなどの問題が出る可能性があります。

一部の研究では乳がんのリスクが増すという報告もされているようです。
 

塩化ベンザルコニウム

陽イオン界面活性剤のひとつである塩化ベンザルコニウムには強い殺菌作用がありますが、その分皮膚トラブルの原因にもなります。

鳥類や魚類にも有害との説があるので人体への影響も無いとはいいきれないでしょう。
 

銀含有ゼオライト

殺菌や抗菌の効果が強い成分。

銀には消臭効果もあるため配合されているデオドラントは多いです。

具体的な健康被害は明らかになっていませんが、金属アレルギーの人は避けた方が無難でしょう。

銀イオンの濃度が高くなると魚類などに影響があるという説もあり、明かでないからこそ心配のある成分ともいえます。

 

……ちょっと恐くなってきませんか?

オーガニックデオドラントなら安心?


ではオーガニックデオドラントには基本どのような成分が使用されているかというと……

ミョウバン

毛穴をふさぐことなく汗を抑える効果があります。

菌の繁殖を抑える働きもあり、ニオイ予防にも。

オーガニック表示のないデオドラントにも使用されていることが多い成分です。
 

アロエ

抗菌&保湿効果があり、肌に優しいのが特徴です。
 

コーンスターチ

コーンスターチはとうもろこしから精製された澱粉。

料理? と思われるかもしれませんが、実は汗を吸収して肌をさらさらに保つ効能があります。
 

ハーブ

オーガニック・デオドラント製品にはミントやレモングラスなどのハーブ類が多く使用されます。

効能は種類によって違いますが、菌の繁殖を抑えたり、香りで癒す効果も期待できます。

 

ただし、日本には食品以外にオーガニックの明確な基準はありません。

オーガニックと表記されているからといって、100%安全なオーガニック製品であるかはわからないのが現状です。

また、成分にはオーガニックでないものも使用されています。

海外にはオーガニックコスメ認定を行っている機関が複数あり、認定を取得している製品は一定の基準を満たしているということで、選ぶ際の参考にはなるかと思います。

 

オーガニックデオドラントの人気&新商品

今回はオーガニック認証を受けたものをはじめ、自然由来のナチュラル成分の人気&最新デオドラントをピックアップしてみました。

マダラ/デオドラント ロール オン アロマ 50ml 1500円(税抜)


オンラインショップ
オーガニック認証:ECOCERT取得

 

マダラ(MADARA)はバルト地域にある小さな国ラトビア生まれ。

植物が持つ多様性に重点を持つことはもちろん、自然を守り続けることに配慮した製品づくりを大切にするブランドです。

新発売の「ロール オン アロマ」は、アルミニウムフリーで手を汚さないロールオンタイプのデオドラント。

数種のハーブエキスと乳酸がニオイの気になる部分を保湿しながらリフレッシュしてくれます。

ほのかな香りで毛穴を塞がず、白残りしません。

 

エルバビーバ/JAS スプレー(ジャスミングレープフルーツ) 100ml 4104円(税込)

公式ショップ

オーガニック認証:USDA取得

 

1996年に誕生した「erbaviva」(エルバビーバ)は赤ちゃんにも安心して使えるオーガニックコスメブランド。

JASはジャスミンとグレープフルーツの頭文字からとられ、100%植物由来のかろやかなボディスプレーです。

汗のニオイが気になる部分に直接吹きかけて使用します。

お肌をふんわりとさせるジャスミンエキス配合、自然で優しい使い心地。

 

メイドオブオーガニクス/ロールオンEXホワイライト 50ml 1500円(税抜)

公式ショップ

オーガニック認証:ACO取得

オーストラリア発のコスメブランド「メイドオブオーガニクス」。

こちらは、ロールオンでローションのように肌に塗りやすいのが人気。

100%天然由来成分、95%以上がオーガニック仕様なので肌の弱い人でも安心して使えます。

フレッシュな香りで、ひんやりする冷却効果もあります。

種類はフレッシュシトラス、ラベンダー、無香料、クール アイスミントの4種類。
 

ラヴェーラ/リフレッシュロールオン 50ml 1300円(税抜)

公式ショップ

NA True認証自然化粧品/Vegan認証植物性化粧品

ドイツのブランド「ラヴェーラ」のリフレッシュナーは健康に疑問を持たれるアルミニウム塩不使用。

“汗と上手に向き合う”をモットーとし、不自然に汗を止めるのでなく、自然な発汗をもたらsながら、不快な汗のニオイをリフレッシュします。

現在、レモングラス配合のフレッシュ、パール成分配合のパール、オーガニック ライスミルク配合のジェントルの3種が発売中。
 

ウルテクラム/デュオ クリスタル 50ml 2052円(税込)

公式ウェブストア

オーガニック認証:ECOCERT取得
 

「ウルテクラム」はデンマークのコペンハーゲンで40年以上の歴史を持つブランド。

殺菌力の高いミョウバンを使用したこちらの製品は、デオドラントに見えないオシャレなルックスも魅力です。

種類はローズユーカリの2種類で、ローズは女性に、ユーカリは男性にも人気があります。

 

ニールズヤード レメティーズ/レモン&コリアンダー デオスプレー 100ml 2700円(税抜)

公式オンラインショップ

 

「ニールズヤード レメティーズ」はイギリス発祥のブランド。

日本の直営店は現在32店舗展開。

商品は公式ショップ以外にセレクトでも購入可能です。

汗が気になる部分に直接スプレーするこの商品は、柑橘の爽やかな香りで汗のベタベタを解消出来ます。
 

ヴィオラ オーガニクス/デオドラント パウダー 250グラム 2100円(税込)


ニュージランドのナチュラル&オーガニック専門店TUTURU

オーガニック認定:Bio-Gro NZ取得

 

ニュージーランド生まれ、こだわりのオーガニックブランド「ヴィオラ オーガニクス」。

すべての製品は天然の原材料で手作りされています。

こちらはパタパタはたくパウダータイプで、ニュージーランドウールのパフが付いています。

消臭&抗菌効果に優れる重曹に7種類の精油を配合、皮膚を清潔に保ち、さわやかなハーブの香りで体臭を和らげます。
 

EO/エチケットボディスプレー シトラス 118ml 1458円(税込)

コスメキッチン WEB STORE

オーガニック認証:USDA取得

 

アメリカ発のブランドEOオーガニック。

エチケットボディスプレーは、ナチュラルな成分にこだわり、植物性アルコールにピュアな精油をブレンドしています。

シトラスは瑞々しくクリーンな印象をもたらす香り。

種類はシトラス、ラベンダー、ティーツリー、ベチバーの4種類。

原産国はアメリカ。

 

schmidt’s/エチケットスティックLS 19.8グラム 1274円(税込)

コスメキッチン WEB STORE

 

スティックで簡単に塗れるナチュラルデオドラントスティック。

こちらは、オーガニック認証はありませんが、ナチュラル成分配合でかつ、エチケット&サラサラ肌&天然の香りが同時に楽しめます。

「自然派のものは機能性に欠ける」「効果の高いものは人体にとっての安全性に不安がある」を翻すプロダクト。

種類は、ラベンダー+セイジ、ベルガモット+ライム、ローズ+バニラ、チャコール+マグネシウム(コスメキッチン限定)の4種類。

原産国はアメリカ。

 

いかがでしょう。

オーガニック・デオドラントは安心かもしれないけど、デオドラントとしての効果は……??? と不安を感じていましたが、一概にそうともいえないようですね。

長く効果を期待できる製品もあるし、香りの種類も豊富で魅力的です。

ただ覚えておきたいのは、オーガニックだから誰の肌にも優しいとは限らないという点。

天然成分を使っているからこそアレルギー反応が出やすい、というリスクもあります。

また前項で、「オーガニッック認定は選ぶときの参考になる」と書きましたが、認定を受けていなくても、その分のエネルギーを開発や製造に注いでいるブランドがあるのも事実。

 

オーガニック・デオドラントは、サイトや成分をしっかりチェックして、自分に合った製品を選ぶのが良さそうです。

 

 

Follow me!!

最新の情報をフォローする

Twitter でmottohbをフォローしよう!

https://motto-woman.com/wp/wp-content/uploads/sunburn-1024x683.jpghttps://motto-woman.com/wp/wp-content/uploads/sunburn-150x150.jpgmamiお手入れする注目の記事オーガニック,デオドラントこんにちは。ライターmamiです。 待ちに待った春が来た! と思ったら、そろそろ汗のニオイも気になる季節…… 皆さんはどんなデオドラントを使っていますか〜? 消臭、殺菌、そして制汗効果も欲しいけれど、香りが強すぎたり、化学成分の多いものは身体への影響が気になるところです。 そこで、“自然や人体にやさしいオーガニックのデオドラントにはどのようなものがあるか? ” 製品や特徴を調べてみました。 これからの汗ばむ季節、ぜひ参考にしていただけたらと思います〜。   オーガニックや自然由来のものではないデオドラントは何が恐いの? シュッとひと吹き、もしくはサーッとひと塗りなんだから、そこまでオーガニックにこだわらなくても……という方もいると思います。(実際私もそうでしたが) でも、調べてみると一般的なデオドラントは、化学成分が配合されている製品がほとんどです。 強い殺菌能力や、制汗作用がしっかりあればあるほど、強い成分が使用されており、皮膚トラブルや何らかの副作用の危険があるのです。 一般のデオドラントに配合されがちな成分を具体的に挙げると……   アルミニウム デオドラント製品にアルミニウムを配合すると、汗腺をふさぎ、汗やニオイが抑えられます。 けれども、汗腺をふさぐと体温調節に支障をきたすなどの問題が出る可能性があります。 一部の研究では乳がんのリスクが増すという報告もされているようです。   塩化ベンザルコニウム 陽イオン界面活性剤のひとつである塩化ベンザルコニウムには強い殺菌作用がありますが、その分皮膚トラブルの原因にもなります。 鳥類や魚類にも有害との説があるので人体への影響も無いとはいいきれないでしょう。   銀含有ゼオライト 殺菌や抗菌の効果が強い成分。 銀には消臭効果もあるため配合されているデオドラントは多いです。 具体的な健康被害は明らかになっていませんが、金属アレルギーの人は避けた方が無難でしょう。 銀イオンの濃度が高くなると魚類などに影響があるという説もあり、明かでないからこそ心配のある成分ともいえます。   ……ちょっと恐くなってきませんか? オーガニックデオドラントなら安心? ではオーガニックデオドラントには基本どのような成分が使用されているかというと…… ミョウバン 毛穴をふさぐことなく汗を抑える効果があります。 菌の繁殖を抑える働きもあり、ニオイ予防にも。 オーガニック表示のないデオドラントにも使用されていることが多い成分です。   アロエ 抗菌&保湿効果があり、肌に優しいのが特徴です。   コーンスターチ コーンスターチはとうもろこしから精製された澱粉。 料理? と思われるかもしれませんが、実は汗を吸収して肌をさらさらに保つ効能があります。   ハーブ オーガニック・デオドラント製品にはミントやレモングラスなどのハーブ類が多く使用されます。 効能は種類によって違いますが、菌の繁殖を抑えたり、香りで癒す効果も期待できます。   ただし、日本には食品以外にオーガニックの明確な基準はありません。 オーガニックと表記されているからといって、100%安全なオーガニック製品であるかはわからないのが現状です。 また、成分にはオーガニックでないものも使用されています。 海外にはオーガニックコスメ認定を行っている機関が複数あり、認定を取得している製品は一定の基準を満たしているということで、選ぶ際の参考にはなるかと思います。   オーガニックデオドラントの人気&新商品 今回はオーガニック認証を受けたものをはじめ、自然由来のナチュラル成分の人気&最新デオドラントをピックアップしてみました。 マダラ/デオドラント ロール オン アロマ 50ml 1500円(税抜) オンラインショップ オーガニック認証:ECOCERT取得   マダラ(MADARA)はバルト地域にある小さな国ラトビア生まれ。 植物が持つ多様性に重点を持つことはもちろん、自然を守り続けることに配慮した製品づくりを大切にするブランドです。 新発売の「ロール オン アロマ」は、アルミニウムフリーで手を汚さないロールオンタイプのデオドラント。 数種のハーブエキスと乳酸がニオイの気になる部分を保湿しながらリフレッシュしてくれます。 ほのかな香りで毛穴を塞がず、白残りしません。   エルバビーバ/JAS スプレー(ジャスミングレープフルーツ) 100ml 4104円(税込) 公式ショップ オーガニック認証:USDA取得   1996年に誕生した「erbaviva」(エルバビーバ)は赤ちゃんにも安心して使えるオーガニックコスメブランド。 JASはジャスミンとグレープフルーツの頭文字からとられ、100%植物由来のかろやかなボディスプレーです。 汗のニオイが気になる部分に直接吹きかけて使用します。 お肌をふんわりとさせるジャスミンエキス配合、自然で優しい使い心地。   メイドオブオーガニクス/ロールオンEXホワイライト 50ml 1500円(税抜) 公式ショップ オーガニック認証:ACO取得 オーストラリア発のコスメブランド「メイドオブオーガニクス」。 こちらは、ロールオンでローションのように肌に塗りやすいのが人気。 100%天然由来成分、95%以上がオーガニック仕様なので肌の弱い人でも安心して使えます。 フレッシュな香りで、ひんやりする冷却効果もあります。 種類はフレッシュシトラス、ラベンダー、無香料、クール アイスミントの4種類。   ラヴェーラ/リフレッシュロールオン 50ml 1300円(税抜) 公式ショップ NA True認証自然化粧品/Vegan認証植物性化粧品 ドイツのブランド「ラヴェーラ」のリフレッシュナーは健康に疑問を持たれるアルミニウム塩不使用。 “汗と上手に向き合う”をモットーとし、不自然に汗を止めるのでなく、自然な発汗をもたらsながら、不快な汗のニオイをリフレッシュします。 現在、レモングラス配合のフレッシュ、パール成分配合のパール、オーガニック ライスミルク配合のジェントルの3種が発売中。   ウルテクラム/デュオ クリスタル 50ml 2052円(税込) 公式ウェブストア オーガニック認証:ECOCERT取得   「ウルテクラム」はデンマークのコペンハーゲンで40年以上の歴史を持つブランド。 殺菌力の高いミョウバンを使用したこちらの製品は、デオドラントに見えないオシャレなルックスも魅力です。 種類はローズとユーカリの2種類で、ローズは女性に、ユーカリは男性にも人気があります。   ニールズヤード レメティーズ/レモン&コリアンダー デオスプレー 100ml 2700円(税抜) 公式オンラインショップ   「ニールズヤード レメティーズ」はイギリス発祥のブランド。 日本の直営店は現在32店舗展開。 商品は公式ショップ以外にセレクトでも購入可能です。 汗が気になる部分に直接スプレーするこの商品は、柑橘の爽やかな香りで汗のベタベタを解消出来ます。   ヴィオラ オーガニクス/デオドラント パウダー 250グラム 2100円(税込) ニュージランドのナチュラル&オーガニック専門店TUTURU オーガニック認定:Bio-Gro NZ取得   ニュージーランド生まれ、こだわりのオーガニックブランド「ヴィオラ オーガニクス」。 すべての製品は天然の原材料で手作りされています。 こちらはパタパタはたくパウダータイプで、ニュージーランドウールのパフが付いています。 消臭&抗菌効果に優れる重曹に7種類の精油を配合、皮膚を清潔に保ち、さわやかなハーブの香りで体臭を和らげます。   EO/エチケットボディスプレー シトラス 118ml 1458円(税込) コスメキッチン WEB STORE オーガニック認証:USDA取得   アメリカ発のブランドEOオーガニック。 エチケットボディスプレーは、ナチュラルな成分にこだわり、植物性アルコールにピュアな精油をブレンドしています。 シトラスは瑞々しくクリーンな印象をもたらす香り。 種類はシトラス、ラベンダー、ティーツリー、ベチバーの4種類。 原産国はアメリカ。   schmidt’s/エチケットスティックLS 19.8グラム 1274円(税込) コスメキッチン WEB STORE   スティックで簡単に塗れるナチュラルデオドラントスティック。 こちらは、オーガニック認証はありませんが、ナチュラル成分配合でかつ、エチケット&サラサラ肌&天然の香りが同時に楽しめます。 「自然派のものは機能性に欠ける」「効果の高いものは人体にとっての安全性に不安がある」を翻すプロダクト。 種類は、ラベンダー+セイジ、ベルガモット+ライム、ローズ+バニラ、チャコール+マグネシウム(コスメキッチン限定)の4種類。 原産国はアメリカ。   いかがでしょう。 オーガニック・デオドラントは安心かもしれないけど、デオドラントとしての効果は……??? と不安を感じていましたが、一概にそうともいえないようですね。 長く効果を期待できる製品もあるし、香りの種類も豊富で魅力的です。 ただ覚えておきたいのは、オーガニックだから誰の肌にも優しいとは限らないという点。 天然成分を使っているからこそアレルギー反応が出やすい、というリスクもあります。 また前項で、「オーガニッック認定は選ぶときの参考になる」と書きましたが、認定を受けていなくても、その分のエネルギーを開発や製造に注いでいるブランドがあるのも事実。   オーガニック・デオドラントは、サイトや成分をしっかりチェックして、自分に合った製品を選ぶのが良さそうです。  オーガニックな暮らしで私らしく健康でキレイに

Recommend!!こちらの記事もおすすめ