こんにちは、アロマライターのayakoです!

暑さも落ち着いてきましたが、皆様いかがお過ごしでしょうか。

今回は、妊娠中におすすめのアロマテラピーをご紹介いたします。

妊娠中はご自身の身体の変化が大きく、個人差もありますが心身ともにバランスを崩しやすくなりますよね。

そんな時こそ、効果的な精油を選んで快適な毎日を過ごして頂きたく、使用可能な精油の種類・使い方などをご紹介致します^^

妊娠中のアロマテラピーにはこんな効果が
おすすめの精油・使用方法のご紹介
妊婦さんのお悩み・セルフケアにアロマを
妊婦さんも安心な商品の紹介

妊娠中のアロマテラピーにはこんな効果が

妊娠中は、普段より健康を保ち、リラックスできる休息時間をとることが大切です。

また嗅覚が敏感になり、においに対する反応が特に高まる時期となります。

このように妊娠前とは異なる状態の中、生活のストレスと緊張から心身のバランスが崩れてしまうこともあります。

そんな場面でこそ、心身に働きかけるアロマテラピーを上手に取り入れてみましょう。

抗生物質など、薬を使うことが好ましくない場合にもおすすめですよ。

また、海外では助産師さんの養成コースにアロマテラピーが取り入れられていて、妊娠・出産に関して、アロマテラピーは非常に有効的です。

日本でも、もっと身近なツールとしてアロマテラピーを取り入れる方が増えたらいいなぁと思います。

おすすめの精油・使用方法のご紹介

妊娠初期(妊娠から15週まで)

身体が徐々に変化して香りの好みも変わってくる時期ではありますが、すっきりとした柑橘系から少しずつ試すと良いでしょう。

特にネロリはマタニティケア全般におすすめの精油です。

心身へのストレスを緩和する作用があるため、妊娠中のストレス・出産時の不安などを和らげます。

ほかにもマンダリンやグレープフルーツ、レモンなどの柑橘系の精油も、身近な優しい香りでなじみやすいですよ。

*この時期はマッサージ等、身体に直接触れるアロマテラピーのケアは控えてください。

体調を整えるため、少量の芳香浴で心地よく感じる香りを取り入れてみてください。

中期(妊娠16〜27週まで)

安定期といわれる時期です。

心身ともに落ち着きを取り戻し、毎日の行動範囲や食事の幅が少しずつ広がります。

食べ物の趣味が、妊娠前とは大きく変わる方もいるのではないでしょうか。

体調や経過に気をつけながら好みの香りを楽しむことをお勧めします。

初期から使用できる柑橘系の香りにプラスして、この時期はラベンダーがおすすめ。

ラベンダーはもともと幅広い効果のある万能な精油ですが、通経作用があると言われているため、妊娠中期の落ち着いてきた時期から使用してみてください。

初期は使用不可だった精油も使用可能となり、香りの幅が広がります。

サンダルウッド、ゼラニウム、フランキンセンス、ベルガモット、ユーカリなど、好みの香りを取り入れてみましょう。

*芳香浴に加え、医師の了承が得られればボディケアやフェイシャルケアも取り入れてみましょう。

後期(妊娠28週目以降)

体重も増え、身体に負担がかかりやすくなる時期。

心身ともにリラックスする時間を、意識的につくっていきましょう。

この時期にプラスしたい精油は、ティートリー

ラベンダーと同じく万能で女性の強い味方であるティートリーですが、特に注目すべきはその殺菌力。

免疫力アップに大変効果的です。

またこの時期は妊娠線予防のため、おなかのオイルマッサージで皮膚を保湿するのもおすすめ。

分娩・出産時

最近は、分娩室でも芳香浴ができるところが増えてきています。

アロマテラピーは、出産前・出産中の筋肉をリラックスさせたりストレスを軽減させる効果があります。

これまで妊娠中に避けてきた通経作用のある精油は、子宮の収縮を強めて分娩時間を短縮する効果がありますので、是非この時期に使用してみましょう。

イランイラン、ジャスミン、バラ、クラリセージ、ゼラニウムなど、濃厚な花の香りの精油が心地の良く感じる時期でもあります。

好きな香りを選んでみましょう。

これらの精油は出産後も、産後の抗うつ効果が期待できることや、母乳の出を促進する働きがあります。

使用不可のもの

普段は使用できる精油でも、妊娠中は避けたほうがよいものもあります。

特に皮膚への刺激や通経作用をもたらす精油は、妊娠中には使用不可となります。

少量の芳香浴程度であれば影響はほぼありませんが、肌から直接取り込むオイルマッサージなどでは以下の精油の使用は避けてください。

・フェノール類……クローブ、シナモンリーフ、タイム、フェンネル
・ケトン類(一部)……ジャスミン、フェンネル、ローズマリー
・アルデヒド類……レモングラス
・高濃度での類似成分が含まれる精油・ブレンドオイル……クラリセージ、ローズ(初期のみ)

妊婦さんのお悩み・セルフケアにアロマを

むくみ

普段から、女性によくみられる悩みのひとつですよね。

むくみは、女性ホルモンのプロゲステロンの影響でリンパの流れが滞り、老廃物が蓄積されている状態です。

特に、指・手首・脚・くるぶしがむくみやすい箇所となります。

妊娠中は女性ホルモンのバランスが変化することなどで症状が悪化してしまうことも多いようです。

身体がむくんでいるときは、できるだけ身体を横にし、脚と腕を心臓より高い位置にあげます。

セルフマッサージもむくみ解消には有効的で、心臓の遠くから近くへ、長くスムーズに力を込めて行うと良いでしょう。

むくみにはレモンマンダリンなど柑橘系の精油を加えたオイルマッサージがおすすめですよ。

つわり

個人差はあるものの、多くの妊婦さんが経験するつわり。

妊娠初期に目立ちますが、なかには出産直前までつわりが続く方もいます。

主に、吐き気や食欲不振、むかつきなどの症状がみられます。

ここでも柑橘系のスッキリとした香りがおすすめ。

レモンマンダリンラベンダーなどの精油をティッシュ等に含ませて香りを嗅いでみましょう。

電車などの移動中でも簡単にリフレッシュできるので、是非お気に入りの精油を1本、カバンに入れて持ち運んでみましょう。

妊婦さんも安心な商品の紹介

生活の木 Mommy..の

Mommy..の ブレンドエッセンシャルオイル ピースフル~フワッ..と~ 5mL 1200円(税抜)

生活の木から出ているマタニティ向けの商品です。

妊娠中に使える精油のブレンドオイルや、マッサージ用のボディオイル、カフェインレスのハーブティーなどのラインナップを揃えています。

アモーマ

アモーマ マタニティリフレッシュ 1573円(税抜)

2012年11月に誕生したオーガニックハーブティーや妊娠中におすすめのブレンドアロマオイルやハーブティーなどの商品を取り扱うブランド。

主に通販での販売になりますが、全国の産院や百貨店でも一部商品を取り扱っています。

妊活中から育児まで、妊娠・出産に関して女性の心強い味方となってくれるようなブランドです。

おわりに

いかがでしたでしょうか。

妊娠は、女性にしかできない神秘的で貴重な体験です。

しかしその反面、自分の身体の変化に戸惑ったり不安になったりすることもあるでしょう。

そんな時は好きな香りを嗅ぐことで、少しでも症状が和らいだりリフレッシュしたり、心身ともに心地よく過ごすきっかけになればいいなぁと思います^^

使用量や使用方法など、正しい使い方を守り快適なマタニティライフをお送りくださいね♡

 

Follow me!!

最新の情報をフォローする

Twitter でmottohbをフォローしよう!

https://motto-woman.com/wp/wp-content/uploads/31f12b3005842544f51be6365a99686b-1024x683.jpeghttps://motto-woman.com/wp/wp-content/uploads/31f12b3005842544f51be6365a99686b-150x150.jpegayakoアロマテラピーマタニティマタニティライフ,リラックス,妊娠,妊婦こんにちは、アロマライターのayakoです! 暑さも落ち着いてきましたが、皆様いかがお過ごしでしょうか。 今回は、妊娠中におすすめのアロマテラピーをご紹介いたします。 妊娠中はご自身の身体の変化が大きく、個人差もありますが心身ともにバランスを崩しやすくなりますよね。 そんな時こそ、効果的な精油を選んで快適な毎日を過ごして頂きたく、使用可能な精油の種類・使い方などをご紹介致します^^ 妊娠中のアロマテラピーにはこんな効果が おすすめの精油・使用方法のご紹介 妊婦さんのお悩み・セルフケアにアロマを 妊婦さんも安心な商品の紹介 妊娠中のアロマテラピーにはこんな効果が 妊娠中は、普段より健康を保ち、リラックスできる休息時間をとることが大切です。 また嗅覚が敏感になり、においに対する反応が特に高まる時期となります。 このように妊娠前とは異なる状態の中、生活のストレスと緊張から心身のバランスが崩れてしまうこともあります。 そんな場面でこそ、心身に働きかけるアロマテラピーを上手に取り入れてみましょう。 抗生物質など、薬を使うことが好ましくない場合にもおすすめですよ。 また、海外では助産師さんの養成コースにアロマテラピーが取り入れられていて、妊娠・出産に関して、アロマテラピーは非常に有効的です。 日本でも、もっと身近なツールとしてアロマテラピーを取り入れる方が増えたらいいなぁと思います。 おすすめの精油・使用方法のご紹介 妊娠初期(妊娠から15週まで) 身体が徐々に変化して香りの好みも変わってくる時期ではありますが、すっきりとした柑橘系から少しずつ試すと良いでしょう。 特にネロリはマタニティケア全般におすすめの精油です。 心身へのストレスを緩和する作用があるため、妊娠中のストレス・出産時の不安などを和らげます。 ほかにもマンダリンやグレープフルーツ、レモンなどの柑橘系の精油も、身近な優しい香りでなじみやすいですよ。 *この時期はマッサージ等、身体に直接触れるアロマテラピーのケアは控えてください。 体調を整えるため、少量の芳香浴で心地よく感じる香りを取り入れてみてください。 中期(妊娠16〜27週まで) 安定期といわれる時期です。 心身ともに落ち着きを取り戻し、毎日の行動範囲や食事の幅が少しずつ広がります。 食べ物の趣味が、妊娠前とは大きく変わる方もいるのではないでしょうか。 体調や経過に気をつけながら好みの香りを楽しむことをお勧めします。 初期から使用できる柑橘系の香りにプラスして、この時期はラベンダーがおすすめ。 ラベンダーはもともと幅広い効果のある万能な精油ですが、通経作用があると言われているため、妊娠中期の落ち着いてきた時期から使用してみてください。 初期は使用不可だった精油も使用可能となり、香りの幅が広がります。 サンダルウッド、ゼラニウム、フランキンセンス、ベルガモット、ユーカリなど、好みの香りを取り入れてみましょう。 *芳香浴に加え、医師の了承が得られればボディケアやフェイシャルケアも取り入れてみましょう。 後期(妊娠28週目以降) 体重も増え、身体に負担がかかりやすくなる時期。 心身ともにリラックスする時間を、意識的につくっていきましょう。 この時期にプラスしたい精油は、ティートリー。 ラベンダーと同じく万能で女性の強い味方であるティートリーですが、特に注目すべきはその殺菌力。 免疫力アップに大変効果的です。 またこの時期は妊娠線予防のため、おなかのオイルマッサージで皮膚を保湿するのもおすすめ。 分娩・出産時 最近は、分娩室でも芳香浴ができるところが増えてきています。 アロマテラピーは、出産前・出産中の筋肉をリラックスさせたりストレスを軽減させる効果があります。 これまで妊娠中に避けてきた通経作用のある精油は、子宮の収縮を強めて分娩時間を短縮する効果がありますので、是非この時期に使用してみましょう。 イランイラン、ジャスミン、バラ、クラリセージ、ゼラニウムなど、濃厚な花の香りの精油が心地の良く感じる時期でもあります。 好きな香りを選んでみましょう。 これらの精油は出産後も、産後の抗うつ効果が期待できることや、母乳の出を促進する働きがあります。 使用不可のもの 普段は使用できる精油でも、妊娠中は避けたほうがよいものもあります。 特に皮膚への刺激や通経作用をもたらす精油は、妊娠中には使用不可となります。 少量の芳香浴程度であれば影響はほぼありませんが、肌から直接取り込むオイルマッサージなどでは以下の精油の使用は避けてください。 ・フェノール類……クローブ、シナモンリーフ、タイム、フェンネル ・ケトン類(一部)……ジャスミン、フェンネル、ローズマリー ・アルデヒド類……レモングラス ・高濃度での類似成分が含まれる精油・ブレンドオイル……クラリセージ、ローズ(初期のみ) 妊婦さんのお悩み・セルフケアにアロマを むくみ 普段から、女性によくみられる悩みのひとつですよね。 むくみは、女性ホルモンのプロゲステロンの影響でリンパの流れが滞り、老廃物が蓄積されている状態です。 特に、指・手首・脚・くるぶしがむくみやすい箇所となります。 妊娠中は女性ホルモンのバランスが変化することなどで症状が悪化してしまうことも多いようです。 身体がむくんでいるときは、できるだけ身体を横にし、脚と腕を心臓より高い位置にあげます。 セルフマッサージもむくみ解消には有効的で、心臓の遠くから近くへ、長くスムーズに力を込めて行うと良いでしょう。 むくみにはレモンやマンダリンなど柑橘系の精油を加えたオイルマッサージがおすすめですよ。 つわり 個人差はあるものの、多くの妊婦さんが経験するつわり。 妊娠初期に目立ちますが、なかには出産直前までつわりが続く方もいます。 主に、吐き気や食欲不振、むかつきなどの症状がみられます。 ここでも柑橘系のスッキリとした香りがおすすめ。 レモンやマンダリン、ラベンダーなどの精油をティッシュ等に含ませて香りを嗅いでみましょう。 電車などの移動中でも簡単にリフレッシュできるので、是非お気に入りの精油を1本、カバンに入れて持ち運んでみましょう。 妊婦さんも安心な商品の紹介 生活の木 Mommy..の Mommy..の ブレンドエッセンシャルオイル ピースフル~フワッ..と~ 5mL 1200円(税抜) 生活の木から出ているマタニティ向けの商品です。 妊娠中に使える精油のブレンドオイルや、マッサージ用のボディオイル、カフェインレスのハーブティーなどのラインナップを揃えています。 アモーマ アモーマ マタニティリフレッシュ 1573円(税抜) 2012年11月に誕生したオーガニックハーブティーや妊娠中におすすめのブレンドアロマオイルやハーブティーなどの商品を取り扱うブランド。 主に通販での販売になりますが、全国の産院や百貨店でも一部商品を取り扱っています。 妊活中から育児まで、妊娠・出産に関して女性の心強い味方となってくれるようなブランドです。 おわりに いかがでしたでしょうか。 妊娠は、女性にしかできない神秘的で貴重な体験です。 しかしその反面、自分の身体の変化に戸惑ったり不安になったりすることもあるでしょう。 そんな時は好きな香りを嗅ぐことで、少しでも症状が和らいだりリフレッシュしたり、心身ともに心地よく過ごすきっかけになればいいなぁと思います^^ 使用量や使用方法など、正しい使い方を守り快適なマタニティライフをお送りくださいね♡オーガニックな暮らしで私らしく健康でキレイに

Recommend!!こちらの記事もおすすめ