ヴィーガン製品を普通の人が使うメリットってある?

「ヴィーガン」というと、植物性の食品しか食べない人のことをイメージしがち。

私も、「時々は野菜中心の食事にしようかな」と思うことがありますが、毎日ヴィーガンを徹底するのはかなり難しそう……と思っています。

さらに厳格なヴィーガンは、化粧品や衣服などの生活用品にも、動物性のものが使われている製品を使用しないことを信条としています。

最近では日本で、基礎化粧品などのヴィーガンコスメや、シャンプーなどのヴィーガン製品を取り扱う店舗も出てきていますよね。

しかし、

「オーガニック製品とは何がどう違うの?」

「ヴィーガンではない人が、ヴィーガン製品を使うメリットってあるの?」

と、明確な違いはややわかりにくいもの。

今回は、今注目のヴィーガン製品についてご紹介します。

動物由来成分ゼロの「ヴィーガン製品」

ヴィーガン製品は、「動物由来の成分を一切使っていない製品」のことを指します。

ヴィーガン仕様の化粧品のことを「ヴィーガンコスメ」と呼びます。

ヴィーガンコスメによく似たものに、オーガニックコスメがあります。

オーガニックコスメは、化学肥料や農薬などを使用せずに栽培された植物を原料として作られた化粧品を指します。

ヴィーガンコスメの場合、製造過程で動物実験が行われていないことはもちろん、成分に牛乳や卵、はちみつ、動物性コラーゲン、ラノリン(羊毛に含まれる脂質)などが含まれていないことが条件となります。

基礎化粧品や口紅、チークなど幅広いヴィーガンコスメ。各種ケア商品も

ヴィーガン製品には、化粧水や乳液・美容液などの基礎化粧品のほか、チークや口紅、アイカラーなどのアイテムもあります。

そのほかに、歯磨き粉などのオーラルケア、シャンプー・コンディショナー、ハンドソープ、石けん、入浴剤などの製品の中にも、ヴィーガン製品が販売されています。

ヴィーガン製品を扱う企業の数はそれほど多くないものの、数十年以上の歴史を持つ老舗や、過去に数々の賞を受賞しているなど、信頼性の高いブランドが少なくありません。

あの人気ブランド「LUSH」も、300種類以上がヴィーガン製品!

個性的な香りや豊富な商品展開が魅力のブランド、「LUSH」。

石けんやスクラブなど、色とりどりのキュートなデザインが印象的で、ギフトにも人気ですよね。

実はLUSHは創業以来、「動物由来の成分を使わない」ことを信条とした製品作りを行うブランドです。

基本的に動物性の成分を使わないほか、遺伝子組み換え製品の不使用、オーガニック農法で栽培された原料の使用など、こだわりを持った製造を行っています。

現在発売されているLUSHのアイテムのうち、ソープ、保湿クリーム、リップバーム、バスボムなどの約300種類以上もの商品が、ヴィーガン製品です。

「あんなにカラフルな見た目の商品が、ヴィーガン製品!?」

と、驚く人も多いかもしれません。

安心して使えるヴィーガン製品。肌や髪が弱い人にもおすすめ

市販されている化粧品やヘアケア製品には、保湿効果のあるはちみつ、シルクなど、動物由来の成分が含まれているものも少なくありません。

また、例えばオーガニックコスメの場合でも、チークや口紅などには、色を付けるためにカイガラ虫から抽出した成分の「カルミン色素」が含まれていることもあります。

100%自然派の原料を使っているだけでなく「動物由来の成分が一切含まれていない」ものだけが、ヴィーガン製品です。

商品の説明に「ヴィーガン」の表記があったり、商品によっては「ヴィーガンマーク」がつけられているものもあります。

「ヴィーガン」を謳うブランドが少ないのは、ヴィーガン製品を作るためには、原料や製造方法に徹底したこだわりが必要であることも背景にあるでしょう。

人によっては、市販の化粧品やヘアケア製品に含まれる化学成分などの刺激が強く、肌や髪に合わないという人もいます。

ヴィーガン製品は厳しい水準で作られているため、敏感肌の人や、市販のシャンプーやソープが合わないという人も、安心して使うことができます。

最近では「身体によい」などの理由でヴィーガンフードが注目されていますが、衣食住で完全にヴィーガンを徹底することは生活様式を大きく変えることになるため、普通の人にはかなりハードルが高いといえます。

ヴィーガン製品は、「成分にこだわった安全なものを使いたい」という人のほかに、

「なるべく動物や環境のことを考えた製品を使いたい」

「日常生活に、できる範囲でヴィーガンを取り入れてみたい」

という人におすすめです。

ヴィーガンコスメにはどんな成分が使われている?

ヴィーガンコスメには、果物や野菜、花や草木などの植物、穀物などの成分が使われています。

例として、アロエベラ、ヤシ油、カカオ抽出油、ラベンダー油、レモンエキス、トマトエキス、アボカドエキス、ピーチエキス、クランベリーエキス、シアバタ―、などがあります。

また、例えば市販の化粧品の場合、伸びをよくするために、ミツバチの巣を精製して取り出す「ミツロウ」という成分が含まれていることがあります。

ヴィーガンコスメの場合はミツロウの代わりに、キャンデリラという木から採取される「キャンデリラロウ」などが使われることもあります。

ヴィーガン製品というと、「色味が薄そう」「市販の製品と比べて効き目が弱そう」というイメージを持つ人もいるかもしれません。

しかし、ヴィーガン製品では化学成分や動物成分の代わりに、植物などから抽出された成分を使っていることが一般的です。

そのため、見た目や効き目が、市販の製品と大きく変わらないことも多いのです。

初心者におすすめのヴィーガン製品3選

ヴィーガン製品に関心がある人は、まずは日常的に使うもののうちひとつを、ヴィーガン製品に変えてみることから始めるとよいかもしれません。

ここでは、初心者でも取入れやすいヴィーガン製品をご紹介します。

1. ロゴナ アイシャドー<トリオ> 02カシミヤ

1978年に誕生し、自然原料にこだわった製品の製造を行うドイツ生まれのブランド、ロゴナ。

欧州の有機認定成分のローズマリーエキスなどが配合されたこちらの商品には、目元の引き締めや保湿などの効果があります。

ナチュラルなブラウン系の3色のアイシャドーで、クチコミでも「マット系で使いやすい」「アイブロウなどにも応用できる」などの評価があります。

ひとつ持っておけば、普段使いやお出かけ、仕事など、さまざまなシーンに使えるアイテムです。

【商品名】ロゴナ アイシャドー<トリオ> 02カシミヤ
【価格】3,240円(税込)
【原材料】ツルコケモモ種子油、リンゴ種子エキス、アラリアエスクレンタエキス、トコフェロール、水晶末、アメジスト末、琥珀末、ヒマワリ種子油、ローズマリーエキス 等
【内容量】4g

Amazon

2. AVALON ORGANICS アバロンオーガニクス ハンドソープ レモン 355ml

アバロンオーガニクスは、全米で売上げトップを誇る人気のオーガニックブランドです。

こちらは、レモンアロマの爽やかな香りのハンドソープ。

アロエベラエキスが50%以上配合されているため、手の乾燥を防いでなめらかに保ってくれます。

「香りがよい」というクチコミが多いこちらの商品。

ハンドソープは毎日使うものなので、人工的なものではなく、自然のエキスから抽出したよい香りを楽しめるのは嬉しいですね。

【商品名】AVALON ORGANICS アバロンオーガニクス ハンドソープ レモン 355ml
【価格】1,481円(税込)
【原材料】アロエベラ液汁、ヤシ油アルキルグルコシド、ハッカ葉油、トウキンセンカ花エキス、カミツレ花エキス、キノア種子、ラベンダー花/葉/茎エキス、セイヨウハッカ葉エキス 等
【内容量】355ml


Amazon

3.LUSH こころ

LUSHのマッサージバー「こころ」は、優しいラベンダーの香りが印象的な商品です。

LUSHの商品の中には、香りが強く好みが分かれるものもありますが、こちらはナチュラルな香りが特徴です。

入浴時やお風呂上がりなどに優しく全身をマッサージすることで、お肌をなめらかにしてくれます。肌に溶けやすく、ベタつかないのも魅力です。

クチコミサイト「@コスメ」でも、「伸びがよくリラックスできる」「香りが丁度よい」など、人気の高い商品です。

【商品名】LUSH こころ
【価格】1,260円(税込)
【原材料】カカオ脂 シア脂 香料 ラベンダー油 ビターオレンジ花油
【内容量】50g

LUSH こころ

動物に優しく、安全性の高いヴィーガン製品を取り入れてみよう

日常にヴィーガン製品を取り入れることは、動物だけでなく、自分の身体にも優しいというメリットがあります。

無理のない範囲で、いつものアイテムをヴィーガン製品に変えてみてはいかがでしょうか。

 

Follow me!!

最新の情報をフォローする

Twitter でmottohbをフォローしよう!

https://motto-woman.com/wp/wp-content/uploads/skincare-bottle-1024x803.jpghttps://motto-woman.com/wp/wp-content/uploads/skincare-bottle-150x150.jpgYOSHIKOスキンケアヴィーガン,ヴィーガンコスメヴィーガン製品を普通の人が使うメリットってある? 「ヴィーガン」というと、植物性の食品しか食べない人のことをイメージしがち。 私も、「時々は野菜中心の食事にしようかな」と思うことがありますが、毎日ヴィーガンを徹底するのはかなり難しそう……と思っています。 さらに厳格なヴィーガンは、化粧品や衣服などの生活用品にも、動物性のものが使われている製品を使用しないことを信条としています。 最近では日本で、基礎化粧品などのヴィーガンコスメや、シャンプーなどのヴィーガン製品を取り扱う店舗も出てきていますよね。 しかし、 「オーガニック製品とは何がどう違うの?」 「ヴィーガンではない人が、ヴィーガン製品を使うメリットってあるの?」 と、明確な違いはややわかりにくいもの。 今回は、今注目のヴィーガン製品についてご紹介します。 動物由来成分ゼロの「ヴィーガン製品」 ヴィーガン製品は、「動物由来の成分を一切使っていない製品」のことを指します。 ヴィーガン仕様の化粧品のことを「ヴィーガンコスメ」と呼びます。 ヴィーガンコスメによく似たものに、オーガニックコスメがあります。 オーガニックコスメは、化学肥料や農薬などを使用せずに栽培された植物を原料として作られた化粧品を指します。 ヴィーガンコスメの場合、製造過程で動物実験が行われていないことはもちろん、成分に牛乳や卵、はちみつ、動物性コラーゲン、ラノリン(羊毛に含まれる脂質)などが含まれていないことが条件となります。 基礎化粧品や口紅、チークなど幅広いヴィーガンコスメ。各種ケア商品も ヴィーガン製品には、化粧水や乳液・美容液などの基礎化粧品のほか、チークや口紅、アイカラーなどのアイテムもあります。 そのほかに、歯磨き粉などのオーラルケア、シャンプー・コンディショナー、ハンドソープ、石けん、入浴剤などの製品の中にも、ヴィーガン製品が販売されています。 ヴィーガン製品を扱う企業の数はそれほど多くないものの、数十年以上の歴史を持つ老舗や、過去に数々の賞を受賞しているなど、信頼性の高いブランドが少なくありません。 I love 🎁さん(@iamyokobon)がシェアした投稿 - 2016 10月 28 6:23午前 PDT あの人気ブランド「LUSH」も、300種類以上がヴィーガン製品! 個性的な香りや豊富な商品展開が魅力のブランド、「LUSH」。 石けんやスクラブなど、色とりどりのキュートなデザインが印象的で、ギフトにも人気ですよね。 実はLUSHは創業以来、「動物由来の成分を使わない」ことを信条とした製品作りを行うブランドです。 基本的に動物性の成分を使わないほか、遺伝子組み換え製品の不使用、オーガニック農法で栽培された原料の使用など、こだわりを持った製造を行っています。 現在発売されているLUSHのアイテムのうち、ソープ、保湿クリーム、リップバーム、バスボムなどの約300種類以上もの商品が、ヴィーガン製品です。 「あんなにカラフルな見た目の商品が、ヴィーガン製品!?」 と、驚く人も多いかもしれません。 安心して使えるヴィーガン製品。肌や髪が弱い人にもおすすめ 市販されている化粧品やヘアケア製品には、保湿効果のあるはちみつ、シルクなど、動物由来の成分が含まれているものも少なくありません。 また、例えばオーガニックコスメの場合でも、チークや口紅などには、色を付けるためにカイガラ虫から抽出した成分の「カルミン色素」が含まれていることもあります。 100%自然派の原料を使っているだけでなく「動物由来の成分が一切含まれていない」ものだけが、ヴィーガン製品です。 商品の説明に「ヴィーガン」の表記があったり、商品によっては「ヴィーガンマーク」がつけられているものもあります。 「ヴィーガン」を謳うブランドが少ないのは、ヴィーガン製品を作るためには、原料や製造方法に徹底したこだわりが必要であることも背景にあるでしょう。 人によっては、市販の化粧品やヘアケア製品に含まれる化学成分などの刺激が強く、肌や髪に合わないという人もいます。 ヴィーガン製品は厳しい水準で作られているため、敏感肌の人や、市販のシャンプーやソープが合わないという人も、安心して使うことができます。 最近では「身体によい」などの理由でヴィーガンフードが注目されていますが、衣食住で完全にヴィーガンを徹底することは生活様式を大きく変えることになるため、普通の人にはかなりハードルが高いといえます。 ヴィーガン製品は、「成分にこだわった安全なものを使いたい」という人のほかに、 「なるべく動物や環境のことを考えた製品を使いたい」 「日常生活に、できる範囲でヴィーガンを取り入れてみたい」 という人におすすめです。 ヴィーガンコスメにはどんな成分が使われている? ヴィーガンコスメには、果物や野菜、花や草木などの植物、穀物などの成分が使われています。 例として、アロエベラ、ヤシ油、カカオ抽出油、ラベンダー油、レモンエキス、トマトエキス、アボカドエキス、ピーチエキス、クランベリーエキス、シアバタ―、などがあります。 また、例えば市販の化粧品の場合、伸びをよくするために、ミツバチの巣を精製して取り出す「ミツロウ」という成分が含まれていることがあります。 ヴィーガンコスメの場合はミツロウの代わりに、キャンデリラという木から採取される「キャンデリラロウ」などが使われることもあります。 ヴィーガン製品というと、「色味が薄そう」「市販の製品と比べて効き目が弱そう」というイメージを持つ人もいるかもしれません。 しかし、ヴィーガン製品では化学成分や動物成分の代わりに、植物などから抽出された成分を使っていることが一般的です。 そのため、見た目や効き目が、市販の製品と大きく変わらないことも多いのです。 初心者におすすめのヴィーガン製品3選 ヴィーガン製品に関心がある人は、まずは日常的に使うもののうちひとつを、ヴィーガン製品に変えてみることから始めるとよいかもしれません。 ここでは、初心者でも取入れやすいヴィーガン製品をご紹介します。 1. ロゴナ アイシャドー 02カシミヤ 1978年に誕生し、自然原料にこだわった製品の製造を行うドイツ生まれのブランド、ロゴナ。 欧州の有機認定成分のローズマリーエキスなどが配合されたこちらの商品には、目元の引き締めや保湿などの効果があります。 ナチュラルなブラウン系の3色のアイシャドーで、クチコミでも「マット系で使いやすい」「アイブロウなどにも応用できる」などの評価があります。 ひとつ持っておけば、普段使いやお出かけ、仕事など、さまざまなシーンに使えるアイテムです。 【商品名】ロゴナ アイシャドー 02カシミヤ 【価格】3,240円(税込) 【原材料】ツルコケモモ種子油、リンゴ種子エキス、アラリアエスクレンタエキス、トコフェロール、水晶末、アメジスト末、琥珀末、ヒマワリ種子油、ローズマリーエキス 等 【内容量】4g Amazon 2. AVALON ORGANICS アバロンオーガニクス ハンドソープ レモン 355ml アバロンオーガニクスは、全米で売上げトップを誇る人気のオーガニックブランドです。 こちらは、レモンアロマの爽やかな香りのハンドソープ。 アロエベラエキスが50%以上配合されているため、手の乾燥を防いでなめらかに保ってくれます。 「香りがよい」というクチコミが多いこちらの商品。 ハンドソープは毎日使うものなので、人工的なものではなく、自然のエキスから抽出したよい香りを楽しめるのは嬉しいですね。 【商品名】AVALON ORGANICS アバロンオーガニクス ハンドソープ レモン 355ml 【価格】1,481円(税込) 【原材料】アロエベラ液汁、ヤシ油アルキルグルコシド、ハッカ葉油、トウキンセンカ花エキス、カミツレ花エキス、キノア種子、ラベンダー花/葉/茎エキス、セイヨウハッカ葉エキス 等 【内容量】355ml Amazon 3.LUSH こころ LUSHのマッサージバー「こころ」は、優しいラベンダーの香りが印象的な商品です。 LUSHの商品の中には、香りが強く好みが分かれるものもありますが、こちらはナチュラルな香りが特徴です。 入浴時やお風呂上がりなどに優しく全身をマッサージすることで、お肌をなめらかにしてくれます。肌に溶けやすく、ベタつかないのも魅力です。 クチコミサイト「@コスメ」でも、「伸びがよくリラックスできる」「香りが丁度よい」など、人気の高い商品です。 【商品名】LUSH こころ 【価格】1,260円(税込) 【原材料】カカオ脂 シア脂 香料 ラベンダー油 ビターオレンジ花油 【内容量】50g LUSH こころ 動物に優しく、安全性の高いヴィーガン製品を取り入れてみよう 日常にヴィーガン製品を取り入れることは、動物だけでなく、自分の身体にも優しいというメリットがあります。 無理のない範囲で、いつものアイテムをヴィーガン製品に変えてみてはいかがでしょうか。オーガニックな暮らしで健康でキレイに

Recommend!!こちらの記事もおすすめ