巷でよく見かける「BOTANIST」の商品。人気の理由は?

PLAZAやロフト、東急ハンズなどのヘアケアアイテムコーナーへ行くと、必ずといってよいほど並んでいるのが「BOTANIST」シリーズ。

成分にこだわったシャンプーやコンディショナー、ボディミルクなどを販売する、ボタニカルバスブランドです。

美容に関心のある女性なら、一度は店頭などで見かけたことがあるのではないでしょうか。

手書き風のシンプル&おしゃれなパッケージが気になりつつも、「人気みたいだけど、そんなに良いのかな?」と疑問に感じていた私。

今回は、BOTANISTの商品を実際に使ってみることにしました!

シャンプー&トリートメントは、スムース、モイスト、スカルプの3種類

今回試すのは、定番人気のシャンプー&トリートメント。

BOTANISTのシャンプー&トリートメントは、スムース(さらさら)、モイスト(しっとり)、スカルプの3種類。

香りは、植物やフルーツなどの2種類の異なる成分を組み合わせたダブルフレグランスです。

それぞれの香りの組み合わせと商品ごとの効果は、下記の通りです。

・ボタニカルシャンプー(モイスト):アプリコット&ジャスミン 髪のダメージやパサつきが気になる人向け
・ボタニカルトリートメント(モイスト):アップル&ベリー 髪のダメージやパサつきが気になる人向け

・ボタニカルシャンプー(スムース):グリーンアップル&ローズ 髪が細い人、ハリ・コシが欲しい人向け
・ボタニカルトリートメント(スムース):アップル&ベリー 髪が細い人、ハリ・コシが欲しい人向け

・ボタニカルスカルプシャンプー(スカルプ):アプリコット&ジャスミン 頭皮ケアやマッサージをしたい人向け
・ボタニカルスカルプトリートメント(スカルプ):シトラス&ムスク 頭皮ケアやマッサージをしたい人向け

このように、商品ごとに香りの組み合わせが異なります。

価格は変わらないため、自分の髪質や髪の悩みによって選ぶと良さそうです。

髪の傷みが気になる私は、迷った結果、モイストタイプを選びました。


BOTANIST ボタニカルシャンプー&トリートメント

香りはやや強め。色は他のシャンプー&コンディショナーと変わらず

モイストタイプのシャンプーは、透明でやや薄い肌色のようなカラー。


ワンプッシュで出てくる量は、これくらいです。

になる香りは、かなり「甘め」な印象。アプリコットのスイートな香りと、ジャスミンの安らぎのある香りがちょうどマッチしていて、きつさは感じません。

トリートメントは、乳白色カラー。

ワンプッシュで出てくる量は、これくらいです。

トリートメントの香りは、まるで外国のキャンディーやガムのよう。アップルとベリーのどちらかが偏ることなく、バランスよく香る印象です。

シャンプー、トリートメントともに、香りについてはよくも悪くも「はっきりしている」という感じ。

ですが、強い香水などのように「香りがきつくて気分が悪くなる…」という香りではありません。

個人的には好きな香りですが、オーガニック・ハーブ系の穏やかな香りが好きな人や、香りの強いヘアケア用品が苦手な人は、合わない可能性もあります。

「BOTANIST」の使用感

シャンプー:洗い心地はなめらかで快適。家にいながらサロンにいるような気分に

実際にシャンプーで髪を洗ってみたところ、セミロング~ロングの中間(髪の量:多め)の私で、2プッシュで十分な量でした。

泡立ちの悪いシャンプーの場合は一度に数プッシュする必要があり、早くなくなってしまうこともありますが、こちらは長く使えそうです。

シャンプーの泡立ちは、こんな感じ。

ふわふわで柔らかい泡立ちで、香りと洗い心地は、まるでヘアサロンで髪を洗ってもらっているような感覚。

「サロン品質」をウリにしているのも納得です。

トリートメント:べたつかず程よいしっとり感。香りは髪につけることでマイルドに

トリートメントは、1プッシュ半~2プッシュ程度で、髪全体に伸ばすことができました。

こちらは想像していたよりも、しっとり感が強くない印象。

しっとりしすぎるトリートメントの場合、髪が重くなってしまうことがありますが、そのようなことはありませんでした。

意外だったのが、使用前には強いと感じた香りが、髪全体に伸ばすとそれほど気にならなかったこと。

ちょうどよい香りで、リラックスしながらヘアケアができます。

個人的には、思っていたよりもあっさりとしたつけ心地でした。

ヘアブロー後:さっぱり感が◎。髪に香りが残りにくい点は評価が分かれそう

ドライヤーで髪を乾かした後は、しっとり…というよりも、頭がさっぱりとして汚れが落ちた感覚がありました。

最初に手にとった時の香りは、髪にはあまり残っていません。

「シャンプーやトリートメントの香りが髪に残るのが好き」という人には、やや物足りないかもしれません。

逆に、髪に香りのある整髪料などをつける人は、シャンプーやトリートメントの香りが混ざらないため、よいと思います。

スカルプシャンプー&トリートメントはどう?使っている友人に聞いてみた

今回私が使ったのは、モイストタイプのシャンプー&トリートメント。

BOTANISTのシャンプー&トリートメントは3種類ありますが、種類によって感触や使い心地は違うのか、気になるところです。

数か月前からスカルプタイプを愛用している友人に、使い心地を聞いてみました!

さらさらタイプ BOTANIST ボタニカルシャンプー&トリートメント

「産後の影響による、抜け毛や白髪が気になって使い始めました。

泡立ちが非常によく、今まで使っていたオーガニックシャンプーと違って洗い上がりはさっぱり。

しばらく使い続けると、髪にコシとハリが出てきました!

『オーガニックシャンプーは汚れが落ちにくい』というイメージがありましたが、BOTANISTは皮脂汚れもきちんと落ちて、使うたび、髪がしなやかで強くなっていくようでした。

ジャスミンやシトラスの爽やかな香りも気に入っています。

ただ、洗い終わると髪がややキシっとする感触があるため、髪にツヤを出したい人は、ヘアパックを併用することをおすすめします」

とのこと。

確かに、オーガニックシャンプーは天然成分などを使っているため、市販のものと比べて効き目が穏やかだったり、汚れが落ちにくい印象がありますが、BOTANISTは、その心配はないようです。

また、私も友人と同じく、「洗い上がりに髪がきしむ感触」がありました。

これは、BOTANISTのシャンプー&トリートメントに共通していえることかもしれません。

皮脂汚れをしっかり落としたい人や、出産後の抜け毛などが気になる女性は、スカルプタイプをセレクトすると良さそうです。

「BOTANIST」は他のシャンプー&トリートメントとどう違うの?

話題の「BOTANIST」ですが、市販のシャンプー&トリートメントと、具体的に何が違うのでしょうか。

ここで、BOTANISTならではの特徴をまとめます。

シャンプー・コンディショナー

・天然植物由来成分を90%以上使用している(サトウキビエキス、マカデミアナッツ油 など)
・植物由来のせっけん成分で地肌を整える効果がある
・ラウレス硫酸Na、ラウリル硫酸Na(界面活性剤の一種。洗浄力がよいが刺激は強め)不使用
・合成着色料不使用

シャンプー


・弱酸性のせっけん成分のため泡立ちがよい
・サルフェート(界面活性剤の一種。刺激が強いと言われる)不使用
・シリコン(髪をコーティングする成分だが、頭皮に負担がかかりやすいとされる)不使用

結論:香りのよいアミノ酸系シャンプーを探している人にオススメ!

今回BOTANISTのシャンプー&トリートメントを使ってみて、特に感じたのが「香りのよさ」と「泡立ちのなめらかさ」です。

人によって好みが分かれそうなのが、「香り」。

マイルドで優しい香りが好きという人には、BOTANISTは不向きかもしれません。

また、BOTANISTだけで髪にツヤが出るというわけではないため、ヘアパックやオイルなどのケアも、時々行った方が良さそうです。

低刺激で安全な成分を使用しているため、お子さんと一緒に使っても◎です。

BOTANISTのシャンプー&トリートメントは、

・原料や成分にこだわりがある、手頃な価格のシャンプー&トリートメントを使いたい人
・弱酸性&低刺激のアミノ酸系シャンプーが欲しい人
・華やかでしっかりとした香りが好きな人
・ヘアパックなど、他のヘアケアアイテムも併用している人
・子どもと一緒に使えるシャンプー&トリートメントを探している人

におすすめです。

 

Follow me!!

最新の情報をフォローする

Twitter でmottohbをフォローしよう!

https://motto-woman.com/wp/wp-content/uploads/botanist1-1024x768.jpghttps://motto-woman.com/wp/wp-content/uploads/botanist1-150x150.jpgYOSHIKOヘアケアボディケアオーガニック,シャンプー巷でよく見かける「BOTANIST」の商品。人気の理由は? PLAZAやロフト、東急ハンズなどのヘアケアアイテムコーナーへ行くと、必ずといってよいほど並んでいるのが「BOTANIST」シリーズ。 成分にこだわったシャンプーやコンディショナー、ボディミルクなどを販売する、ボタニカルバスブランドです。 美容に関心のある女性なら、一度は店頭などで見かけたことがあるのではないでしょうか。 手書き風のシンプル&おしゃれなパッケージが気になりつつも、「人気みたいだけど、そんなに良いのかな?」と疑問に感じていた私。 今回は、BOTANISTの商品を実際に使ってみることにしました! シャンプー&トリートメントは、スムース、モイスト、スカルプの3種類 今回試すのは、定番人気のシャンプー&トリートメント。 BOTANISTのシャンプー&トリートメントは、スムース(さらさら)、モイスト(しっとり)、スカルプの3種類。 香りは、植物やフルーツなどの2種類の異なる成分を組み合わせたダブルフレグランスです。 それぞれの香りの組み合わせと商品ごとの効果は、下記の通りです。 ・ボタニカルシャンプー(モイスト):アプリコット&ジャスミン 髪のダメージやパサつきが気になる人向け ・ボタニカルトリートメント(モイスト):アップル&ベリー 髪のダメージやパサつきが気になる人向け ・ボタニカルシャンプー(スムース):グリーンアップル&ローズ 髪が細い人、ハリ・コシが欲しい人向け ・ボタニカルトリートメント(スムース):アップル&ベリー 髪が細い人、ハリ・コシが欲しい人向け ・ボタニカルスカルプシャンプー(スカルプ):アプリコット&ジャスミン 頭皮ケアやマッサージをしたい人向け ・ボタニカルスカルプトリートメント(スカルプ):シトラス&ムスク 頭皮ケアやマッサージをしたい人向け このように、商品ごとに香りの組み合わせが異なります。 価格は変わらないため、自分の髪質や髪の悩みによって選ぶと良さそうです。 髪の傷みが気になる私は、迷った結果、モイストタイプを選びました。 BOTANIST ボタニカルシャンプー&トリートメント 香りはやや強め。色は他のシャンプー&コンディショナーと変わらず モイストタイプのシャンプーは、透明でやや薄い肌色のようなカラー。 ワンプッシュで出てくる量は、これくらいです。 気 になる香りは、かなり「甘め」な印象。アプリコットのスイートな香りと、ジャスミンの安らぎのある香りがちょうどマッチしていて、きつさは感じません。 トリートメントは、乳白色カラー。 ワンプッシュで出てくる量は、これくらいです。 トリートメントの香りは、まるで外国のキャンディーやガムのよう。アップルとベリーのどちらかが偏ることなく、バランスよく香る印象です。 シャンプー、トリートメントともに、香りについてはよくも悪くも「はっきりしている」という感じ。 ですが、強い香水などのように「香りがきつくて気分が悪くなる…」という香りではありません。 個人的には好きな香りですが、オーガニック・ハーブ系の穏やかな香りが好きな人や、香りの強いヘアケア用品が苦手な人は、合わない可能性もあります。 「BOTANIST」の使用感 シャンプー:洗い心地はなめらかで快適。家にいながらサロンにいるような気分に 実際にシャンプーで髪を洗ってみたところ、セミロング~ロングの中間(髪の量:多め)の私で、2プッシュで十分な量でした。 泡立ちの悪いシャンプーの場合は一度に数プッシュする必要があり、早くなくなってしまうこともありますが、こちらは長く使えそうです。 シャンプーの泡立ちは、こんな感じ。 ふわふわで柔らかい泡立ちで、香りと洗い心地は、まるでヘアサロンで髪を洗ってもらっているような感覚。 「サロン品質」をウリにしているのも納得です。 トリートメント:べたつかず程よいしっとり感。香りは髪につけることでマイルドに トリートメントは、1プッシュ半~2プッシュ程度で、髪全体に伸ばすことができました。 こちらは想像していたよりも、しっとり感が強くない印象。 しっとりしすぎるトリートメントの場合、髪が重くなってしまうことがありますが、そのようなことはありませんでした。 意外だったのが、使用前には強いと感じた香りが、髪全体に伸ばすとそれほど気にならなかったこと。 ちょうどよい香りで、リラックスしながらヘアケアができます。 個人的には、思っていたよりもあっさりとしたつけ心地でした。 ヘアブロー後:さっぱり感が◎。髪に香りが残りにくい点は評価が分かれそう ドライヤーで髪を乾かした後は、しっとり…というよりも、頭がさっぱりとして汚れが落ちた感覚がありました。 最初に手にとった時の香りは、髪にはあまり残っていません。 「シャンプーやトリートメントの香りが髪に残るのが好き」という人には、やや物足りないかもしれません。 逆に、髪に香りのある整髪料などをつける人は、シャンプーやトリートメントの香りが混ざらないため、よいと思います。 スカルプシャンプー&トリートメントはどう?使っている友人に聞いてみた 今回私が使ったのは、モイストタイプのシャンプー&トリートメント。 BOTANISTのシャンプー&トリートメントは3種類ありますが、種類によって感触や使い心地は違うのか、気になるところです。 数か月前からスカルプタイプを愛用している友人に、使い心地を聞いてみました! さらさらタイプ BOTANIST ボタニカルシャンプー&トリートメント 「産後の影響による、抜け毛や白髪が気になって使い始めました。 泡立ちが非常によく、今まで使っていたオーガニックシャンプーと違って洗い上がりはさっぱり。 しばらく使い続けると、髪にコシとハリが出てきました! 『オーガニックシャンプーは汚れが落ちにくい』というイメージがありましたが、BOTANISTは皮脂汚れもきちんと落ちて、使うたび、髪がしなやかで強くなっていくようでした。 ジャスミンやシトラスの爽やかな香りも気に入っています。 ただ、洗い終わると髪がややキシっとする感触があるため、髪にツヤを出したい人は、ヘアパックを併用することをおすすめします」 とのこと。 確かに、オーガニックシャンプーは天然成分などを使っているため、市販のものと比べて効き目が穏やかだったり、汚れが落ちにくい印象がありますが、BOTANISTは、その心配はないようです。 また、私も友人と同じく、「洗い上がりに髪がきしむ感触」がありました。 これは、BOTANISTのシャンプー&トリートメントに共通していえることかもしれません。 皮脂汚れをしっかり落としたい人や、出産後の抜け毛などが気になる女性は、スカルプタイプをセレクトすると良さそうです。 「BOTANIST」は他のシャンプー&トリートメントとどう違うの? 話題の「BOTANIST」ですが、市販のシャンプー&トリートメントと、具体的に何が違うのでしょうか。 ここで、BOTANISTならではの特徴をまとめます。 シャンプー・コンディショナー ・天然植物由来成分を90%以上使用している(サトウキビエキス、マカデミアナッツ油 など) ・植物由来のせっけん成分で地肌を整える効果がある ・ラウレス硫酸Na、ラウリル硫酸Na(界面活性剤の一種。洗浄力がよいが刺激は強め)不使用 ・合成着色料不使用 シャンプー ・弱酸性のせっけん成分のため泡立ちがよい ・サルフェート(界面活性剤の一種。刺激が強いと言われる)不使用 ・シリコン(髪をコーティングする成分だが、頭皮に負担がかかりやすいとされる)不使用 結論:香りのよいアミノ酸系シャンプーを探している人にオススメ! 今回BOTANISTのシャンプー&トリートメントを使ってみて、特に感じたのが「香りのよさ」と「泡立ちのなめらかさ」です。 人によって好みが分かれそうなのが、「香り」。 マイルドで優しい香りが好きという人には、BOTANISTは不向きかもしれません。 また、BOTANISTだけで髪にツヤが出るというわけではないため、ヘアパックやオイルなどのケアも、時々行った方が良さそうです。 低刺激で安全な成分を使用しているため、お子さんと一緒に使っても◎です。 BOTANISTのシャンプー&トリートメントは、 ・原料や成分にこだわりがある、手頃な価格のシャンプー&トリートメントを使いたい人 ・弱酸性&低刺激のアミノ酸系シャンプーが欲しい人 ・華やかでしっかりとした香りが好きな人 ・ヘアパックなど、他のヘアケアアイテムも併用している人 ・子どもと一緒に使えるシャンプー&トリートメントを探している人 におすすめです。オーガニックな暮らしで健康でキレイに

Recommend!!こちらの記事もおすすめ